日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第34回 軍閥の台頭

 ローマの政治的最高権威は元老院にあった。ところが、その政治的権威に従いたくないという者がでてきた。カエサルやポンペイウスなどの軍閥である。元老院に軍閥を押さえる力はないから、軍閥はやりたい放題である。
 カエサルはガリア属州の知事職を民会から受け、征服事業を成功させると、勝手に、征服地で徴収権を行使し始める。それに対して、元老院はポンペイウスを味方につけ、カエサルと対抗させようとするが、カエサルはポンペイウスを破って、元老院を自分の思うままに操作しようとする。 
 共和制は危機に瀕し、遂には、有志がカエサルを暗殺するが、意外にも、ローマ市民は共和制が守られたことに感謝せず、逆に、暗殺者を非難する、これは、カエサルが共和制が抱えていた遊民問題や無産階級への無料食料支援問題を、その独裁権力で解決して見せたことが、ローマ市民の支持を得ていたからと解せるが、こうなると、ローマ共和制の建てなおしは絶望的である。
 その結果、カエサルの遺産を引き継いだ甥のオクタヴィアヌスとカエサルの部下アントニウス、それにレピズスの三人が又もや、元老院の政治的権威を無視するかのごとき三頭政治を始めてしまう。結局、このような政治情況を解決するには、軍閥と元老院が仲直りをするしかないのである。しかし、そのきっかけを見出すのは容易ではない。
 その容易ではないきっかけが、アントニウスがクレオパトラとの情愛におぼれ、ローマをプトレマイオス朝に売るような真似をしたことから生まれることになる。これは、オクタヴィアヌスにも元老院にも、互いに、ローマのためという大義名分のもとに歩み寄る絶好の口実を得たことになったであろう。
 かくして、アントニウス退治という名目で手を組んだ元老院とオクタヴィアムスは、アントニウスを滅ぼし、ここに、元老院と軍閥の対立がもたらしたローマの内乱は、終結をむかえることになったといえようか。
[PR]
by nogi203 | 2005-02-23 14:48 | 歴史分析
<< さあ 世界史を語ろう。 第35... さあ 世界史を語ろう。 第33... >>