日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


未支給年金の落とし穴。

 まずは、未支給年金の説明から。
 年金は偶数月の15日に支給される。その際,支給される年金は前月分までの年金である。そして、年金は死亡した月まで支給される。
 以上の前提を踏まえると,受給者が偶数月に死亡した場合,死亡した偶数月の年金が支給されないまま残っていることになる。さらに、死亡月が奇数月であると、直前の偶数月と合わせて2ヶ月分の年金が残っていることになる。この残っている年金こそが未支給年金であり、年金を受給している人が死亡した場合,必ず発生するものである。
 この年金も請求しなければ支給されず,その請求権は配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹にあり、生計同一要件を満たせば行使することができる。請求権者たる遺族は受給者の死亡に伴い,当然、死亡届を出すが,その時同時に未支給年金を請求することになる。ところが、この請求時に思わぬ落とし穴が待っていることがある。
 例えば,死亡した受給者が加給年金を受けていた場合である。加給年金は受給者に厚生年金加入期間が240ヶ月以上あり、65未満の生計を維持する配偶者がいれば支給されるが,配偶者が65歳になるか、65歳になる前に配偶者自身240ヶ月以上の厚生年金加入期間を有して特別支給の老齢厚生年金を裁定請求した場合,支給が停止されることになっている。その場合,受給者は支給が停止される事由に該当したということを届け出なければならないのであるが,その届出を忘れることがある。
 問題は,その届出を忘れたまま、受給者が死亡してしまった場合である。届出が為されていないから,本来支給停止されているはずの加給年金は支給されたままになっている。一方、遺族は死亡届を出し,未支給年金を請求するが,なくなった受給者が加給年金を受けており,その支給が停止される事由に該当しているにもかかわらず、届出を出していないことなど知らない。その結果,支給されると思っていた未支給年金は加給年金の過払い分に充当されてしまう。それどころか、未支給年金を充当しただけでは加給年金の過払い分に足らない場合は、足らない部分を返還請求されてしまう。貰いすぎた分を返すのは当然のことではあるが,現実に、返還を請求されると遺族は唖然とする。
 そんなことなら,未支給年金の請求などしなければよかったと遺族は思うであろうが、未支給年金の請求は死亡届の提出と同時に行なう。死亡届を出さないわけにはいかないから、未支給年金の請求も、どうしても行なってしまう。
 こうしたことを避ける方法もなくはない。請求権のあるのは生計同一要件のある遺族であるから,生計同一要件のない遺族に死亡届を出させればよいのである。請求権のないものが死亡届を提出しているのであるから,未支給年金を請求させるわけにも行かない。結局、行政も返還を請求する相手がいなくなるのであるから,過払い分の加給年金はもらい得ということになる。
 しかし、そんなことよりも、重要なのは制度自体の改善である。
 そのため,加給年金の停止事由が発生した場合,届出を要せず,自動的に加給年金の支給が停止される制度が始まってはいる。ただし、それは夫婦とも新法の厚生年金で年金を受給している場合に限られ,夫婦いずれかが旧法の厚生年金で年金を受給している場合,もしくは、裁定請求期間の中に共済年金期間が含まれている場合は,適用されない。今までどうり、届出が必要なのである。新法のスタートは昭和61年4月1日であるから、それ以前の期間を含めて老齢厚生年金の受給権を取得していた受給者の遺族は、今までどおり未支給年金の請求には注意しておくべきであろう。
[PR]
by nogi203 | 2007-01-18 14:59 | 年金話あれこれ
<< 未支給年金の話をもう一つ。 官僚のしたたかさ。 >>