日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第206回 皇帝の報復

 二月革命はオーストリア、ドイツ、イタリアへとヨーロッパ全体に波及する。そして、それらの国でも自由と憲法を求める闘争が始まる。しかし、当初の勢いもやがて権力側の力で押しつぶされ、革命は不成功に終わる。その原因は革命の輸出国フランスの支援がなかったことにも求められる。いくら自主的な行動であったとはいえ、国内だけの力では権力を倒すことは困難である。そこに支援国があれば、革命勢力も勢いづくことができる。
 では、なぜフランスは支援しなかったのか。それについては、ナポレオン1世の経験が影響していないか。ナポレオン1世は革命の理念をヨーロッパに拡充するために、ヨーロッパ各地に軍を進めた。しかし、その結果は各国のナショナリズムを呼び覚まし、かえって侵略者の扱いを受けて撤退しなければならなくなった。
 そうした歴史をフランスは持っているのである。とすれば、二月革命の時においても、各国の革命勢力を支援するため軍事的な援助を与えたとしても、またナポレオン1世の時と同じように、ナショナリズムを呼び覚まして、結果的に侵略者呼ばわりされないとも限らない。そこまでリスクを冒して援助する必要があるか、という考えがフランスにあったとしても不思議はない。
 つまり、革命を行なうならば、自国の力だけで行なってくれということであろう。これは革命を起こした国々の側から見れば、ナポレオンを侵略者として排除したことの報いが、40年の歳月を経て、自分達に跳ね返ってきたということではなかろうか。
[PR]
by nogi203 | 2005-12-08 13:50 | 歴史分析
<< さあ 世界史を語ろう。 第20... さあ 世界史を語ろう。 第20... >>