日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


企業年金の総括

 確定給付型企業年金へ移行しても退職給付債務発生の問題は解決しない。キャッシュバランスプランは確定給付型企業年金であるから、キャッシュバランスプランを導入しても退職給付債務の問題は解決しない。しかし、予定利率を変動させることができるから債務額の増減をコントロールすることができる。事業主にとって最大の魅力はその点であるが,確定給付型企業年金であるから従業員に対する投資教育が不要になるという点も魅力ではある。
 確定拠出年金へ移行することの最大の利点は何と言っても退職給付債務の後発的発生を食い止めることができることである。しかし、個人別勘定へ掛け金を拠出しなければならないので、個人別に口座を管理しなければならず,そのためにまずは既積み立て年金資産を個人別に分割しなければならない。分割する額も問題であるが,従業員の賃金を預かっていたものとみなされるので利息をつけなければならない。その利息をいくらにするかによって、企業財政にも影響が及ぶ。年金資産の運用は従業員に委ねてしまうが、後は知らないでは済まされない。年金資産を自信を持って運用できるように投資教育を行なわなくてはならない。これは事業主にとって、相当悩ましい問題となろう。
 既積み立て年金資産を個人別に分割しなければならないということでは,中小企業退職金共済制度も同様である。その点、確定拠出年金と同じであるが,運用責任は国の機関である勤労者退職金共済機構が負うことになるので、確定拠出年金のような投資教育を負うことはない。しかも、掛け金に対して国からの助成があるので事業主にとっては魅力的である。さらに、既積み立て年金資産からの移管額も10年分(120ヶ月)という上限も撤廃されたので、懸念材料の一つはなくなった。問題は、中小企業を対象にしているので、その定義から外れた企業は利用できないことである。
[PR]
by nogi203 | 2005-10-10 13:57 | 年金話あれこれ
<< さあ 世界史を語ろう。 第18... 届出制 >>