日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


河本準一が謝罪。

 お笑いコンビ次長・課長の河本準一が母親の生活保護費の不正受給について謝罪した。
 生活保護費の不正受給については、このブログでも以前書いた。(2010、7,1  食い物にされるぞ) 日本に帰化した中国人の親族48人が生活保護費の支給を目当てに来日し、大阪市に移住してすぐに生活保護を申請したという件である。この時書いたことであるが、生活保護を受けると、国民年金保険料が法定免除になる。法定免除になると、その期間は現状2分の1か月分年金額に反映されることになる。2分の1か月分とは、基礎年金の国庫負担分である。つまり、生活保護を受けると、その間の生活だけでなく、年金受給に際しても、税による支援を受けることになる。
 とはいっても、法定免除になったからと言って、国民年金の保険料が自動的に免除になるわけではない。法定免除の対象者になりましたという届出を行政官庁に提出しなければならない。問題は、法定免除者がそこまで知てっているか、ということまでを以前のブログに書いた。
 しかし、現実問題として、届出などというものは、待っていると、いつ来るかわからない。ことに、国民年金保険料の法定免除は届け出が遅れても、遡って適用されるものであるから、なおさらいつ来るかわからない。そこで、職員が職権により法定免除の手続きを行っているというのである。無年金者の発生を防ぐということでは意味のあることかもしれないが、今回の河本準一の母親の例を見ても生活保護費の不正受給者は存在するとみなければならない。となると,生活保護費受給者すべてをそのまま職権により国民年金保険料法定免除者としてしまうのは問題ありということにならないか。少なくとも、不正受給であるかどうか、確認が取れるまで、職権による法定免除手続きは控えるべきではないのか。
[PR]
by nogi203 | 2012-05-25 14:40 | 年金話あれこれ
<< 「砂の器」ではないか。 亀岡暴走事故の処分。 >>