日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


700万円貰えるぞ。

「ねんきん特別便」のことである。
「ねんきん特別便」は過去の誤っているかもしれない年金加入記録の訂正を年金受給者又は加入者本人に求めるものである。従って、まず何よりも年金受給者又は加入者は送付されてきた年金加入履歴に誤りがあるかどうかを見つけなければならない。誤りの例としては加入していたはずの期間が抜けているとか、標準報酬月額の額が間違っているなどという場合が考えられる。
 以下は、そのうち標準報酬月額が間違っていたある労働者の厚生年金加入記録である。この労働者が厚生年金保険の被保険者資格を取得したのは昭和19年10月であった。その時の標準報酬月額は1万円。この標準報酬月額は昭和29年、厚生年金保険法が改正されるまで続き、改正後の昭和29年5月から1万8千円となっている。この標準報酬月額1万8千円は昭和34年9月まで続くのであるが、10月以降何故か1万円に下がっている。そして、下がった標準報酬月額はその後、昭和40年4月まで5年7か月も続き、翌5月から急に6万円に上がっている。この変動は不自然である。
 転職によって勤務していた事業所が変わったのならともかく、この労働者は同じ事業所に継続して勤務していた。時代は戦後復興期から高度経済成長が始まろうとする時期である。終身雇用、年功賃金、企業別組合が健在であり、同一企業に継続勤務していて標準報酬月額が下がるとは思えない。上がるにしても、1万円がいきなり6万円では上がり方が異常である。そこで、労働者の遺族は年金加入記録回答票に、標準報酬月額の異常な変動期間を指摘して回答した。7か月後、その返事が送付されてきた。年金加入記録は以下のように訂正されていた。

 昭和34年10月から35年4月までの期間
  標準報酬月額1万円を1万8千円に訂正。
 昭和35年5月から35年9月までの期間
  標準報酬月額1万円を3万3千円に訂正、
 昭和35年10月から40年4月までの期間
  標準報酬月額1万円を3万6千円に訂正。

 その結果、どういうことが起こったか。
 
 訂正前の年金支給額 2,214,800円が訂正後 2,456,500円となった。
 さらに、遺族である妻の遺族厚生年金が
 訂正前の支給額 1,557,600円が訂正後、1,753,400円となった。

 労働者が年金を受給していた期間は、昭和53年1月から亡くなった平成3年11月まで、14年11か月である。遺族である妻が遺族厚生年金を受給している期間は平成3年12月から現在(平成23年6月)まで、18年6か月である。すると、本来支給されるべきであった年金で、支給されていない分は以下の計算のようになる。

 労働者の分

 2,456,500円-2,214,800円=241,700円(支給されるべきであった1年分)
 241,700円×14年=3,383,800円(支給されるべきであった14年分)
 (241700円÷12)×11か月=211600円(残りの11か月分)
 3,383,800円+211,600円=3,605,400円(支給されるべきであった14年11か月分)

 妻の分

 1,753,400円-1,557,600円=195,800円(1年分)
 195,800円×18年=3,524,400円(18年分)
 (195,800円÷12)×6=97,900円(6か月分)
 3,524,400円+97,900円=3,622,300円(18年6か月分)

 労働者と妻の分の総計は

 3,605,400円+3,622,300円=7,227,700円

 これだけの額が支給されていなかったのであるから、未支給年金請求書を送付することによって、遺族である妻に支給されることになる。

 ねんきん特別便の送付が始まったのは平成19年12月からである。その時送付された件数は約70万件。そのうち、回答返送があったのが16万件、訂正を求めたのは2万件にすぎなかった。14万件は訂正の要なしであったという。
 送付したのが約70万件であり、訂正を求めてきたのが2万件、あとの68万件は訂正の要なし、もしくは無回答であった。果たして、それでよかったのか。



 
 
 

 
[PR]
by nogi203 | 2011-06-08 15:07 | 年金話あれこれ
<< 芦田愛菜ちゃん。 言い訳ができた。 >>