日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第67回 シルクロードの盛衰

 タクラマカン砂漠を南北で挟む絹の交易路は、インドからパシミール高原を経て、仏教が伝播する通路でもある。従って、交易路に散在するオアシス国家は、同時に仏教、特に小乗仏教が栄えた都市国家でもある。何千という僧侶を抱え、多くの寺院も存在したという。しかし、僧侶という階層は何かを生産するという階層ではなく、純然たる消費者層である。その純然たる消費者層を何千と抱え、それでもなおかつ繁栄を誇ったということは、いかに、それらのオアシス国家が栄えていたかということであるが、今日では、その面影はない。
 衰退した主な理由は、異民族の度重なる侵入があったためとされているが、異民族の侵入は、古来、繰り返されてきたことであり、流通ルートとしての価値が続く限り、そのような理由だけで衰退するとは思えない。
 となると、原因は他に有用なルートが開拓されたことによる相対的な価値の低下ということが考えられる。そのルートとして考えられるのは、いうまでもなく南海航路であろう。船による交易であるから、なによりも大量に物資を運べる。航海の危険はあるが、危険といえば絹の交易路でも強盗の掠奪という危険がある。歴史上、シルクロードの評価が大きく取り上げられることが多いが、それに比して、南海航路を取り上げられることは少ない。しかし、その歴史に及ぼした影響についてはシルクロードに劣ることはないであろう。
[PR]
by nogi203 | 2005-04-09 13:52 | 歴史分析
<< さあ 世界史を語ろう。 第68... ワイドスクランブルより 山岡... >>