日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第63回 中国式制度

 制度は理想から生まれる。それはそのとおりであろう。しかし、制度は常に監視し、見直しを行なわなくては理想とはかけ離れたものとなってしまう。このことを証明したのが、魏王朝による九品中正制度と晋王朝による藩屏の形成ではなかろうか。
 九品中正制度は、優秀な官僚の採用を地方機関の推薦に委ねる。地方機関は九つの階級に分けて,中央に人材を推薦することになるが、地方機関として位置付けられたものが、地方豪族であれば、彼らに属するものだけが中央の官職に就くことになる。さらに、その職が世襲化されれば、優秀な人材を採用するという本来の理想は殆ど実現する余地がなくなる。
 藩屏の形成については、身内だから反抗しないであろうという思いこみだけが制度のの前提になっているのであるから、話にもならない。
 要するに、両制度とも理想だけが先行しその及ぼす影響については、思考が停止してしまったままというのが相当な評価ではなかろうか。実際には、制度を担保するものとして、九品中正制度では、厳格な資格要件による推薦条件の選別化、あらかじめの見直し制度の予定化、検証制度の法定化などが必要であろうし、藩屏の形成では、同族であるからという理由での不平不満をあらかじめ封じるための法定化、同族以外の者を藩屏として起用するための恩恵制度などを追加しておくべきはなかったか。
 しかし、そのように制度的欠陥の多い古代中国の諸制度ではあるが、ただ一つ、後世に継承されていく制度が、天命を根拠とする革命思想ではなかったか。
 それによると、天というものがまず存在し,天は天で自らの意思を持っている。その意思とは人間社会を治めるという意思である。しかし、天は人間社会に具体的な姿を現すことは出来ない。そこで、天の代理人として、君子を指名し、人間社会の統治を任せる、そして、その統治がうまくいけばよいが、天の意思に反し、統治を乱すことがあれば,天はその意思によって指名者としての君子を変えるという考え方である。
 この考え方を日本に移せば、天は天皇であり、天皇は自らの代理人として征夷大将軍を統治者として指名し,その責任を果たし得ないと判断すれば、統治者を変えるという考え方にも通じてくる。そういう意味では、日本は中国での諸制度のうち利用に耐えうる制度のみを、うまく導入したとも解せるのではあるまいか。
[PR]
by nogi203 | 2005-03-31 14:50 | 歴史分析
<< 定年離婚 さあ 世界史を語ろう。 第62... >>