日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第45回 ギリシャ・ローマ文明の継承

 という意味で、一般人が直接、ギリシャ・ローマ文明の存在を知るということは、ローマ教会の壁があって、なかなか困難なことであったが、ローマ教会の支配に属さない人々にとっては、そのような困難、そのものが存在しないということになろう。ローマ教会の支配に属さない人々といえば、カソリックではないという人々であり、キリスト教以外の宗教を信仰する人々ということになろう。
 問題は、そのようにキリスト教に対抗するほど、強く人々を引きつける宗教は現れるかどうかということであろう。そのような宗教が現れ、キリスト教による保護よりも心強く信仰できるとなれば、もはや、キリスト教による制約はなきに等しくなる。
 そこに回教である。回教はたちまちローマ教会の支配の及ばないアラブ世界に浸透し、その勢力を拡大させていく。ローマ教会の支配が及ばないのであるから、ギリシャ・ローマの文明に接することにも抵抗はない。ギリシャ・ローマ文明の本質は、民主制・共和制にあったが、彼らサラセン人は、その自由な発想による自然科学や哲学的な部分のみを吸収して、帝国の文明を発展させていく。もちろん、それを非難することはできない。
 摂取した文明に、どう影響されるかは摂取した側に、生活基盤となるほどの根強い文明が既に築かれているか否かによるものであるから。その根付いた文明がなかったゲルマン民族がローマカソリックに文明的な支配をうけざるを得なかったのに対し、サラセン人の間には、既に、ギリシャ・ローマ時代より遥か前に築かれた生活文化があったために、全面的な影響をうけることなく、技術的な面だけを取り出して、彼らの文明形成に役立てたと解する
[PR]
by nogi203 | 2005-03-08 14:52 | 歴史分析
<< さあ 世界史を語ろう。 第46... さあ 世界史を語ろう。 第44... >>