日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どっちもどっち。

 細川護煕元首相が都知事選に立候補した。
 都知事という公職に就くとなると、過去に行ったこと、発言したことについて説明を求められることになる。細川元首相の場合、それは東京佐川急便からの一億円の借用、東京五輪の辞退発言である。今さら、あんなことをしなければよかった、言わなければよかったと後悔しても遅い。要するに、先の見通しが甘いというしかない。
 先の見通しが甘いということでは、舛添要一氏も例外ではない。
 舛添要一氏については、このブログでも、過去、2回書いたことがある。2013.4.23(元に戻せ!) 2007.8.28(舛添要一氏が厚生労働大臣に)である。今回、もう一つ書いておく。
 年金相談に行くと、各ブースに年金記録を確認するための機器が置いてある。ウィンドウ・マシーンといわれるものだ。従来、あの機器を操作できるのは社会保険庁の職員だけであった。それを社会保険労務士にも使わせてくれと、社会保険労務士連合会が厚生労働大臣に要望した。その時の厚生労働大臣は舛添要一氏である。社会保険庁は反対していたが、舛添大臣の鶴の一声で社会保険労務士にも使えるようになった。ただ、条件を付けた。年金相談を無料でやってくれという条件である。連合会は承諾したが、無料ということで新たな問題が発生した。
 年金相談では、相談者の思い通りの回答が示されないことがある。受給資格や受給額、その他もろもろについてである。そうした場合、相談者は往々にして怒り出す。怒るだけならよいが、中には相談担当者に暴力を振るう者も出てくる。そうなると怪我をしたりすることになるが、仕事中、仕事が原因で怪我をしたりすると、公務員なら公務災害、民間労働者なら労災で、補償を受けられるが、それは、使用者と労働者との間に労務の提供と賃金の受け取りをいう労働契約が結ばれていた場合の話である。無料ではこういう契約は成り立たない。
 そこで、対策として連合会と相談員との契約関係は業務請負という形にして、傷害事故に対しては各相談ブースそれぞれに傷害保険を掛けるということで対応した。舛添要一氏が無料でなどと言わずに、わずかでも謝料を出していれば、このようなことにはならなかった。舛添要一氏はそこまで見通していなかった。見通しが甘いという点については、細川元首相も舛添要一氏もどっちもどっちというしかない。
[PR]
by nogi203 | 2014-01-20 13:29 | その他

やしきやかじん死去。

 やしきたかじんが死亡した。享年64歳。
 やしきたかじんが国民年金の第1号被保険者として、老齢基礎年金の受給資格を満たしていることを前提としての話であるが、64歳ならば、繰り上げ受給をしていない限り、まだ老齢基礎年金は受給していないはずである。もちろん、障害等級に該当する障害状態でもなかったから、障害基礎年金も受給していないはずである。そのような状況にある人が死亡した場合、一定の要件を満たしている妻に対し、60歳か65歳未満の間、国民年金から寡婦年金が支給される。額は、保険料納付済期間及び保険料免除期間について計算した老齢基礎年金の4分の3相当額である。仮に、やしきたかじんが40年間、滞納期間もなく国民年金保険料を納めていたならば、本年価格による支給額は以下のようになる。

 778,500円×3/4=583,875円≒583,900円

 問題は妻に対する一定の要件である。
 夫の死亡当時、夫により生計を維持され、婚姻期間が10年以上あり、年齢が65歳未満であるというのが要件である。妻は30代の一般女性であるということであるから、生計維持、年齢要件については要件を満たせようが、結婚したのが一昨年の秋であるということから、婚姻関係10年以上という要件を満たせない。つまり、寡婦年金を受給することはできないということになる。
 つなると、残りは死亡一時金だけとなる。
 要件は死亡日前日において、死亡日の属する月の前日まで第1号被保険者として保険料納付済期間が3年以上あること、そして老齢、障害基礎年金を受けていないことであるから、要件は満たしている。支給額は保険料を納付した期間によって異なるが、仮に35年以上納付していたならば、32万円である。付加保険料3年以上納付なら8500円が加算される。
 請求権者は生計同一要件のある配偶者、子、父母、孫、兄弟姉妹であり、お母様が存命のようであるから、一緒に居住していればお母様にも請求権があることになるが、通常、配偶者であろう。生計同一要件の証明は、住民票の提出によるが、必ずしも住民票に記載されていなくとも認められることがある。
 ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by nogi203 | 2014-01-08 14:58 | 年金話あれこれ