日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

芸能人は労働者か。

 前回、芸能人と労働者には法律上保護の違いがあると書いた。しかし、それも芸能人に労働者性が認められるのであれば、何ら問題なく労働者としての保護が受けられることになる。とすれば、芸能人に労働者性が認められるための要件は何か、ということが問題になる。
 一般に、労働者性を判断する基準は、使用者との間に従属性があるか否かである。では、芸能人の場合、使用者との従属性を判断する基準は何かということである。芸能人という職業の特殊性から、それは出演依頼対する諾否の自由、演技指導の程度、スタジオ、ロケ現場など勤務場所の拘束性、出演者への代替性の有無などが判断の基準とされている。(労働基準法研究会報告書)
 そこで考えてみたいのは、昨年バラエティー番組の収録中に重傷を負い、療養及びタレント活動の休業を余儀なくされたお笑いタレントのスギちゃんの場合である。あの場合、例えば、テレビ局の職員などが同じ番組収録中に事故にあったのであれば、間違いなく労災が適用される。しかしスギちゃんは芸能人であり、即、労災適用とはならない。改めて、スギちゃんの労働者性を判断しなければならないのである。
 判断の基準は諾否の自由、演技指導、拘束性、代替性などである。ここで、問題になるのは昨年のスギちゃんの活躍度合である。昨年、スギちゃんはお笑いタレントして大ブレークし、ワイルドだぜという言葉が流行語大賞を獲得するほどであった。そのブレーク以前ならば、出演依頼に対し出る出ないの選択肢はなかったであろう、つまり諾否の自由はなかったであろうし、演技指導にスギちゃん自身の裁量権もなかったであろう、代役を出したとしても所属事務所が局側から苦情を申し立てられることもなかったであろう。つまり、労働者性を判断する基準に照らしてみて、労働者に該当するという判断が可能であったとみなしうる。労働者とみなされれば、労働者として労災が適用され、療養補償給付、そして休業補償給付を請求することができる。それが、たまたま大ブレークした後のことであるがために、判断が微妙になった、ということである。もっとも、その後、事故に関し、労災適用云々の話は聞かないが、芸能人の番組収録中の事故はたびたび発生している。問題視する価値はあるのではないか。
 なお、労災における療養補償給付の請求時効は療養に要する費用を払った日の翌日から2年、休業補償給付は休業の日ごとにその翌日から2年である。
[PR]
by nogi203 | 2013-05-27 13:52 | 労働基準法の穴

寝坊して。

 田島優成という俳優の所属事務所との契約が更新されなかったそうである。田島優成とは寝坊して舞台公演を中止させてしまった俳優である。
 俳優の所属事務所との契約が更新されないというのは、労働者でいえば、雇用契約が更新されないことであり、解雇もしくは雇止めに相当する。寝坊などと軽く見てはいけないのは今回の事例でも明らかになったが、実際、寝坊が原因で解雇されそうになったアナウンサーの例がある。そのアナウンサーは解雇無効を訴え、結局、最高裁にまで行くことになる。(高知放送事件、昭和52年1月31日)
 アナウンサーは翌日午前6時の定時ラジオニュースを読むため、前日から宿直勤務をしていたが、寝坊して放送することができなかった。さらに、その2週間後また翌日午前6時の定時ラジオニュースを読むため宿直勤務をしていたが、またもや寝坊して放送することができなかった。しかも、そのことを上司に報告していなかった。さすがに会社も処分せざるを得ず、アナウンサーを解雇することにする。本来なら、懲戒解雇に相当するところであるが、将来を考慮して普通解雇にした、という事例であった。しかし、アナウンサーはこの処分に不満であり、解雇権の乱用であるとして解雇の無効を訴えることになる。最初の事件があったのが昭和42年2月22日、そして最高裁の判決が出たのが昭和52年1月31日、実に10年に及ぶ戦いであった。
 判決内容はアナウンサーの訴えを認め、解雇は無効となった。その理由は同じ宿直勤務していた、アナンサーの起こし役担当者が同じく寝坊して処分されているが、その処分がけん責処分に留まっているのに対し、アナウンサーへの処分はいささか過酷であり、社会的に相当なものとして是認できないというものであった。
 今回の田島優成の件をこの高知放送事件に当てはめて考えてみる。高知放送事件は同じ失敗を2度繰り返した結果下された処分であるのに対し、田島優成の場合、初めての失敗である。2回の失敗に対する処分に対して訴えて勝利したのであるから、1回目の失敗に対する処分であるから、訴えればもしやという可能性もあったかもしれない。もっとも、主催者側に与えた被害(チケット代の払い戻し、観客への交通費負担)の大きさ、さらには、芸能人と労働者との法律上の保護の違いなどからすれば、契約更新拒否という処分はやむを得ないか。
[PR]
by nogi203 | 2013-05-10 14:27 | 労働基準法の穴

世界文化遺産登録へ。

 世界文化遺産登録といっても富士山の事ではない。百舌鳥古市古墳群のことである。堺市内、東西南北約4㎞の範囲に広がる仁徳陵をはじめとする古墳群を世界文化遺産に登録しようとする取り組みが行われているのである。富士山の登録がほぼ確実になったことを受けて、次は百舌鳥古市古墳群だ、という気運が高まることになろう。
 しかし、世界文化遺産登録には問題が伴う。特に、観光客の増加による周辺部の環境悪化問題である。この点、百舌鳥古市古墳群も富士山も変わりはないであろう。とくに、百舌鳥古市古墳群ではその問題は、すでに150年以上も前から指摘されている。
 幕末、日米修好通商条約の締結によって、徳川幕府は神奈川、長崎、新潟、函館、兵庫の港をそれぞれ開いた。問題となったのはとくに兵庫である。近畿地方には遣明貿易以来、堺港があるにもかかわらず、なぜ兵庫にしたのかである。修好通商好条約には在留外国人の遊歩規定というものが定められていたが、そうなると、堺近郊の仁徳陵をはじめとする歴代の天皇陵に外国人が足を踏み入れるのではないかという恐れがあった。その恐れは、決して根拠のない話ではない。というのも明治以前、天皇陵の管理が厳格になされていなかったころ、幕府、および堺奉行の役人は言うまでもなく、町の人たちも、古墳に登って、花見と称して酒宴を開いていたというし、近在の人々もわらび取りやしば集めのために頻繁に周濠を渡っていたという記録が残っているからである。(堺鏡、貞亨元年 1684)
 驚くべきは豊臣秀吉である。朝廷から関白を拝命しながら、仁徳陵に入り、居を構えて猟(かり)をしていたというのである。実際には、猟ではなく、盗掘していたのではないかという疑いもある。NHKの大河ドラマには秀吉がよくでてくるが、このような場面はまだ一度もない。来年は黒田官兵衛である。是非とも期待したいものである。
 そういうことがあったればこそ、あえて、堺を避け兵庫を開港したというのであるが、当時の恐れがよもや現実化することはあるまいとは思うが、世界文化遺産登録に際しては、その点においても重々管理をおろそかにしてはなるまい。

それよりもなによりも、観光の目玉としてみた場合、仁徳陵(大仙古墳)は果たして適切なのかである。目玉とするからには見えなくてはならないであろう。見えるとは、教科書等でみるあの前方後円墳の形である。あの形を見るためには上空から見るしかない。横から見れば、こんもりとした木々の集まりでしかない。そこでいろいろと案が出るのである。
 何年か前、堺市の市会議員選挙で仁徳陵の側に巨大な観覧車を立てることを公約にした候補者がいたが、それでは世界文化遺産として登録されない。(この候補者は落選した) 気球を上げる案もあったそうであるが、折からエジプトでの気球事故である。堺市役所ビルの最上階から見えるのも、横からの眺めにすぎない。映像で見るだけでは意味はない。だからといって、あきらめるべきではない。まさしくこの問題の解決こそが人々の英知が試されるべきものである。
[PR]
by nogi203 | 2013-05-07 16:10 | その他