日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10年遅れた。

 昭和60年は年金制度が大改正された年である。基礎年金制度の導入など加入者の減少に悩む国民年金制度を救済するという目的もあったが、それ以上に重要な目的は給付水準の引き下げにあった。少子高齢化に伴い、引き下げなければ年金制度自体の維持が困難になるほど、給付水準は高く設定されていた。
 当時、モデル年金は平均標準報酬月額を25万4千円とし、厚生年金加入期間は32年、給付乗率は1000分の10としていた。この設定では給付額は17万3千円であったが、加入期間が40年に伸びると給付額は21万1千円にもなり、それは現役世代に対する所得代替率は83%をも超える水準にもなる。これでは少子高齢化の時代、年金制度の維持は難しい。そして、加入期間の伸びは十分予想されるものであったから、給付水準の引き下げは、まさに現実的な問題であった。そこで、当時の厚生省は平均標準報酬額が25万4千円のまま加入期間が40年に伸びたとしても給付額が17万3千円程度に収まるべく給付乗率を1000分の7.5に引き下げる。しかし、これでも、所得代替率は69%の水準にあり、給付水準が高いことに変わりはなかった。事実、時の厚生省年金局長山口新一郎は「本改正は10年遅れた」と述べている。
 改正が遅れたことの結果がどうなったか。保険料は国民年金、厚生年金保険ともに段階的に引き上げられ、年金支給開始年齢は定額部分、報酬比例部分それぞれに平成6年、平成12年に段階的に引き上げられることが決まり、いつからもらえるのかという不安を与えることになる。また、賞与からも保険料の徴収が始まり、総報酬制導入後は各企業ごとの賞与支給率に関係なく給付乗率は一律1000分の5.481に設定される。ますます引き下げられる給付水準について、政府はマクロ経済スライドの導入に際して、所得代替率50%は維持するとわざわざ言わねばならなかった。かくして、世代間扶養を前提とする公的年金制度は人々の信頼、特に若い人々の信頼を失うことになったわけであるが、元をたどれば、やはり、年金局長山口新一郎の「本改正は10年遅れた」という言葉に行きつくのではないか。
 では、なぜ改正は10年遅れたのか。
 原因は明らかに政党、政治家の怠慢である。早急に議論を始めるべきであると提案されても、他にもいろいろやることがある、今はとても----、国民の痛みを伴う提案は幅広い層の反発を受けかねない、それに年金は票にならないなどという理由をつけて、議論、対策を先送りにしてきた。その結果として今日の年金制度の窮状があるのであるから、政党及び政治家の責任は重いと言わねばない。
[PR]
by nogi203 | 2012-07-20 15:24 | 年金話あれこれ

胆管がん発症。

 校正印刷会社の従業員に胆管がんの発症が相次いでいる。すでに死亡した人もいるという。問題は業務に起因性はあるかどうかであり、厚生労働省は調査に入っているという。
 起因性が立証されれば、もちろん労災から補償給付を受けることができるが、ただそれは、まだ印刷会社との間に労働関係があるか、それとも、死亡した翌日から5年を経過していない場合に限られる。死亡の翌日から5年を経過していると、請求権は消滅し、労災に救済を求めることができないのである。発症するまで長い期間がかかるという症状の特殊性によるものであるが、同様のことは石綿(アスベスト)の場合にも問題になった。
 アスベストの場合、被害者の救済を図ることを目的とした「石綿による健康被害の救済に関する法律」というものが成立した。この法律によって、請求権の時効消滅によって労災に救済を求めることができなかった遺族に特別遺族給付金が支給されることになった。ということになると、今回の胆管がんによる被害者の遺族の方にも、同様の給付金が支給されるのではないかという期待が強まるところである。しかし、事はそう簡単にはいかないのではないか。
 なぜなら、アスベスによる健康被害者への救済については、はっきりと「石綿による」と書かれており、石綿以外の健康被害者に対してまで適用することは困難であろう。となると、別途、胆管がんを引き起こす化学物質ジクロロメタンを含む溶剤を使用する業者を対象とする法律を作るか、それとも石綿被害者救済法を改正して適用範囲を拡大するしかないのではないかということになる。
 問題は、いずれの方法によるとしても、従業員は死亡しているのであり、しかも家計を支えていた人たちであるから、救済は一時金では足りず、年金という形で行わなければならないということである。年金ならば支給のための恒久的な財源が必要である。石綿被害者救済法では税とすべての事業者から一般拠出金を徴収して財源に充てているが、果たして、その方法が今回の場合も適用されるかどうかである。
 ジクロロメタンを含む溶剤を使用する業種が特殊な業種であるならば、一般の事業を営む業者がなんで我々が負担しなければならないのかという疑問も生まれかねない。となると、法制定もしくは法改正も容易なことではない。
[PR]
by nogi203 | 2012-07-05 14:39 | その他