日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西尾由佳里アナウンサーの退社。

 日本テレビの西尾由佳里アナウンサーが8月31日付で退社するそうである。日本テレビでは、アナンサーの退社が続いているが、理由の一つに給与体系が見直されて年棒が大幅に減額されたことがあるといわれている。
 給与体系の見直しによって、給与が減額されるというのは就業規則が不利益に変更されることに他ならない。しかし、就業規則を不利益に変更することは労働者との合意がなければできないものである。(労働契約法第9条)だから、給与体系の見直しにより、一方的に年棒を減額するなどということはできないはずである。しかし、契約法第9条には但し書きがあって、次条の場合はこの限りではないと書かれている。次条、即ち第10条は以下のとおりである。

 「-----、就業規則の変更に係る事情に照らして、合理的なものであるときは、労働契約の内容である労働条件は変更後の就業規則に定めるところによるものとする。」

 つまり、合理的なものであるか否かによって、労働者にとって不利益な内容が変更後も適用されるかどうかが決まるということになる。となると、合理的なものであるとは,どのような基準に基づいているものなのか、ということが労働者にとって気になることになる。その基準を示したのが、第四銀行事件判決である。(平成9年2月28日、最高裁)
 内容は以下の通り。

 1、就業規則の変更によって労働者が被る不利益の程度。
 2、使用者側の変更の必要性の内容、程度。
 3、変更後の就業規則の内容自体の相当性。
 4、代償措置その他、関連する他の労働条件の改善状況。
 5、労働組合等との交渉の経緯。
 6、他の労働組合または他の従業員の対応。
 7、同種事項に関する我国社会における一般的状況。

 これらの基準に照らして総合的に合理的であるかどうかを判断するわけであるが、アナンサーの場合、特に問題になるのは7ではないか。なにしろ年収が我国の一般的状況とは程遠い。
 以下は2008年1月2日にこのブログに書いた各局の女子アナウンサーの年収である。
 
  佐々木恭子(35) フジテレビ 1600万円
  延友陽子 (33) 日本テレビ 1000万円
  斉藤舞子 (26) フジテレビ 1250万円
  下平さやか(32) テレビ朝日 1300万円

 この年収は高額ではないか。我国社会における一般的状況とは言いにくいであろう。だから、就業規則が不利益に変更されて年棒が減額されても、合理性があると判断されるのもやむを得ないのではないか。もっとも、それが不満で退職するというのでは仕方がないが。
 
[PR]
by nogi203 | 2011-06-29 14:16 | その他

芦田愛菜ちゃん。

 芦田愛菜ちゃんが大人気である。連続ドラマやバラエティー番組などへの出演、その出演本数は相当数にのぼる。愛菜ちゃんは明日(6月23日)7歳になり、まだ小学校1年生である。しかし、愛菜ちゃんがいくら可愛くても、子役として演劇に出演する限り、労働基準法の適用を受ける。(労働基準法第56条) そのため、出演する場合には修学に差し支えないことを証明する学校長の証明書及び親権者又は後見人の同意書を所轄労働基準署に提出の上、労働基準署長の許可を得なければならない。そして、その許可を貰う際の注意点として、以下のことが例示されている。

 1、児童は修学時間外においてのみ使用すること。
 2、児童の労働時間(演劇への出演時間だけでなく、稽古及び衣装替えの時間も含む)は修学時間   を通算して1日について7時間、1週間について40時間を超えてはならない。
 3、賃金は必ず児童本人に支払わなくてはならない。
 4、保護者による送迎が行われるように努めること。
 5、必要に応じて就労時間中に食事時間を与える等の配慮をすること。
 6、十分な睡眠時間が確保されるように努める等、児童の健康及び福祉に配慮すること。
  以上

 ここで問題となるのは、労働時間が1日7時間、1週40時間しか認められていないことである。そして、その労働時間は修学時間を含めてであるから、修学時間が1日4時間なら残りは3時間、週30時間ならば残りは10時間しかないことである。しかも、労働時間には稽古及び衣装替えの時間まで含まれるのであるから、本番での時間はかなり短いものになると想定しなければならない。これだけの時間内において、愛菜ちゃんの出演場面がすべて収録されるものかどうか、相当疑わしいと言わねばなるまい。
 児童の就労状況について学業又は健康に悪い影響を及ぼす恐れが生じた時は、まず学校において指導することになっていて、労働基準監督署がすぐさま干与はしないらしいが、それにも程度があるというものであろう。度が過ぎれば、行政指導ということも考えられるのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2011-06-22 14:07 | 労働基準法の穴

700万円貰えるぞ。

「ねんきん特別便」のことである。
「ねんきん特別便」は過去の誤っているかもしれない年金加入記録の訂正を年金受給者又は加入者本人に求めるものである。従って、まず何よりも年金受給者又は加入者は送付されてきた年金加入履歴に誤りがあるかどうかを見つけなければならない。誤りの例としては加入していたはずの期間が抜けているとか、標準報酬月額の額が間違っているなどという場合が考えられる。
 以下は、そのうち標準報酬月額が間違っていたある労働者の厚生年金加入記録である。この労働者が厚生年金保険の被保険者資格を取得したのは昭和19年10月であった。その時の標準報酬月額は1万円。この標準報酬月額は昭和29年、厚生年金保険法が改正されるまで続き、改正後の昭和29年5月から1万8千円となっている。この標準報酬月額1万8千円は昭和34年9月まで続くのであるが、10月以降何故か1万円に下がっている。そして、下がった標準報酬月額はその後、昭和40年4月まで5年7か月も続き、翌5月から急に6万円に上がっている。この変動は不自然である。
 転職によって勤務していた事業所が変わったのならともかく、この労働者は同じ事業所に継続して勤務していた。時代は戦後復興期から高度経済成長が始まろうとする時期である。終身雇用、年功賃金、企業別組合が健在であり、同一企業に継続勤務していて標準報酬月額が下がるとは思えない。上がるにしても、1万円がいきなり6万円では上がり方が異常である。そこで、労働者の遺族は年金加入記録回答票に、標準報酬月額の異常な変動期間を指摘して回答した。7か月後、その返事が送付されてきた。年金加入記録は以下のように訂正されていた。

 昭和34年10月から35年4月までの期間
  標準報酬月額1万円を1万8千円に訂正。
 昭和35年5月から35年9月までの期間
  標準報酬月額1万円を3万3千円に訂正、
 昭和35年10月から40年4月までの期間
  標準報酬月額1万円を3万6千円に訂正。

 その結果、どういうことが起こったか。
 
 訂正前の年金支給額 2,214,800円が訂正後 2,456,500円となった。
 さらに、遺族である妻の遺族厚生年金が
 訂正前の支給額 1,557,600円が訂正後、1,753,400円となった。

 労働者が年金を受給していた期間は、昭和53年1月から亡くなった平成3年11月まで、14年11か月である。遺族である妻が遺族厚生年金を受給している期間は平成3年12月から現在(平成23年6月)まで、18年6か月である。すると、本来支給されるべきであった年金で、支給されていない分は以下の計算のようになる。

 労働者の分

 2,456,500円-2,214,800円=241,700円(支給されるべきであった1年分)
 241,700円×14年=3,383,800円(支給されるべきであった14年分)
 (241700円÷12)×11か月=211600円(残りの11か月分)
 3,383,800円+211,600円=3,605,400円(支給されるべきであった14年11か月分)

 妻の分

 1,753,400円-1,557,600円=195,800円(1年分)
 195,800円×18年=3,524,400円(18年分)
 (195,800円÷12)×6=97,900円(6か月分)
 3,524,400円+97,900円=3,622,300円(18年6か月分)

 労働者と妻の分の総計は

 3,605,400円+3,622,300円=7,227,700円

 これだけの額が支給されていなかったのであるから、未支給年金請求書を送付することによって、遺族である妻に支給されることになる。

 ねんきん特別便の送付が始まったのは平成19年12月からである。その時送付された件数は約70万件。そのうち、回答返送があったのが16万件、訂正を求めたのは2万件にすぎなかった。14万件は訂正の要なしであったという。
 送付したのが約70万件であり、訂正を求めてきたのが2万件、あとの68万件は訂正の要なし、もしくは無回答であった。果たして、それでよかったのか。



 
 
 

 
[PR]
by nogi203 | 2011-06-08 15:07 | 年金話あれこれ

言い訳ができた。

 民主党議員の中で、昨日の時点で内閣不信任案に賛成する議員は80名程度いたはずである。ところが、今日の議決で賛成した議員は2名だけ。心が変わったきっかけは「一定の目途がたったら退陣する」という菅総理の言葉であるという。しかし、この程度の言葉で心が変わるものか。
 結局、不信任案が通り、国会が解散され、選挙になるのが怖い。選挙になれば当選はおぼつかない。口では賛成といっていても、腹の中では不信任案が否決され、選挙が回避されるのが望ましい、と思っている。だから本当は否決票を投じたいが、それには言い訳がいる。どのように言い訳すればいいのかと悩んでいるときに、「一定のめどが立ったら退陣する」という菅総理の言葉が出た。思い悩んでいた議員はすぐさま飛びついた。格好の言い訳ができた、これなら否決票を入れてもおかしくはない、ああ、ほっとした、というわけである。しかし、このような議員に国政を任せていていいものなのか。単なる、保身ではないか。
 
[PR]
by nogi203 | 2011-06-02 20:23 | その他