日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

発表された処分内容。

 相撲協会の退職金については、このブログでも何度か書いた。
 従業員退職金支給規定 第8条
 「懲戒又は悪質な事由により退職した者に対しては、退職金を減額し、又は支給しないことがある。」
 第2条
 「本規定の従業員とは、年寄、力士を除く協会所属員とする。」

 大嶽親方、琴光喜は年寄、力士であるから、この規定は適用されず、従って、退職金は支給されなければらないはずである。
 しかし、昨年、この規定は改正され、理事会の決議があれば、年寄、力士であっても退職金を減額や支給しないことができることになった。
 今回、野球賭博に関して大嶽親方に退職金が支給されないことになったのは、この規定が適用され、理事会が決議したということである。しかし、琴光喜に対しては退職金は支給され、功労金だけが支給されないことになった。この違いをどう見るか。
 功労金はその名のとおり、功労報償に基づくものであるから、協会の裁量に委ねても問題はあるまい。それに対し、退職金は賃金の後払い的なものでもあるから、一方的に剥奪するには、永年の功績を抹消するほどの重大な背信行為がなければならない。とすると、、協会が大嶽親方には退職金を支給せず、琴光喜には支給することにしたのは、大嶽親方の行為は永年の功績を抹消するほどの重大な背信行為と見たためであり、琴光喜の行為はそこまで到っていないと見たためであるということになる。問題は、果して、大嶽親方がその扱いに納得するか否かであるが、納得できないとなれば提訴ということになる。もっとも、大嶽親方は協会を批判するつもりはないといっているから、当面、その心配はなかろう。

 武蔵川理事長以下、理事、親方についても処分が発表された。弟子の監督責任を問われたものであるが、内容については不明確な部分もある。武蔵川理事長については、7~8月分の減棒が30%、出羽海理事以下9名の理事、親方については同じく減棒20%というものである。不明確な点は、この減棒が7月、8月の2ヵ月分を合計した減棒額なのか、それとも7月、8月それぞれの月について減棒額が20%なのかという点である。
 減棒については、労働基準法第91条に定めがある。
 「減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の10分の1を越えてはならない。」
 2ヶ月合計にしろ、7月、8月それぞれの月にしろ、武蔵川理事長の減棒額はこの規定に違反している。出羽海理事以下、9名の理事、親方については7月、8月それぞれの月について20%の減額ならば、やはり違反していることになる。労働基準監督署に申告する理事、親方がいれば、是正を勧告されるかもしれない。

 最後に、貴乃花親方の退職願提出に対する理事会の対応である。理事長代行に予定されていた村山弘義外部委員は、それは認められないなどと言ったという。退職願が認められないとは、貴乃花親方には退職の自由がないということになる。元東京高検検事長の言葉とは思えない。どうしても、引きとめたいのであれば、まず退職願の撤回を促すべきであったろう。それもなしに、いきなり認められないなど言えるはずもない。そして、撤回すると言うのであれば、協会として受け入れるか否かという問題になるのではないか。

 
[PR]
by nogi203 | 2010-07-06 11:19 | その他

食い物にされるぞ。

 日本に帰化した中国人の親族48人が、大阪市に生活保護を申請したという。そして、そのうち32人が既に受給を認められたという。
 生活保護を受けると、国民年金の保険料は法定免除になる。その期間は現在3分の1ヶ月分納付したとみなされ、年金額に反映することになる。即ち、税負担分である。生活保護はもちろん税金によるが、そのうえ、年金までも税金で面倒をみなければならないことになる。まるで、日本を食い物にしようとしているかのようである。
 年金の受給資格は保険料納付期間25年で取得することになるが、その中に免除期間が含まれていてもいいし、免除期間のみで25年でもいい。各政党の年金改革案では、この25年が長すぎるから、もっと短縮することになっている。しかし、短縮しすぎて10年、5年で受給資格を取得できるようになると、この生活保護を受けている帰化中国人の親族もすぐに年金の受給資格を取得してしまうことになる。日本国民の税金がそのために使われてしまうのである。そういうことになると、25年という年数が長すぎるというのも、一概には、そうとは言えないことになるのではないか。
 もっとも、法定免除といっても、何もしなくても当然に免除されるのではなく、届出が必要である。届出がなければ免除期間にカウントされることはない。問題は、親族と称する中国人がそのことを知っているかどうかである。
[PR]
by nogi203 | 2010-07-01 14:37 | 年金話あれこれ