日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

証拠を出せ。

 保険料は納めたはずなのに、納めたという記録がない。だから、年金は支給できない、もしくは減額する。納めたというのなら、納めたという証拠を出せ、というのが当時、年金記録問題における社会保険庁の姿勢であった。
 中堅ゼネコン「水谷建設」の元幹部が現金5000万円を渡したと供述しているのに、受け取った覚えはない、受け取ったというのなら、受け取ったという証拠を出せ、というのが民主党小沢幹事長の姿勢である。証拠を出せという点では、当時の社会保険庁も民主党小沢幹事長も同じ姿勢である。
 年金記録問題では、直接的な証拠はなくても、関連資料(納付事実を推認するに足る証拠)及び周辺事情(証拠ではないが判断に資する事情)に基づいて保険料納付の有無が総合的に判断された。例えば、確定申告書に保険料に相当する金額が記載されているとか、家計簿に納付日や保険料に相当する金額が記載されている、給与明細、賃金台帳により保険料控除が確認される、あるいは又、配偶者等の同居の親族は納付しているのに本人だけが納付していないとか、集金関係者の証言により集金の実態が確認できる、などの例が挙げられている。
 関連資料、周辺事情ということでは、小沢幹事長の場合も色々とある。現金5000万円を渡したといわれているのが04年10月中旬であり、実際に土地を購入したのが04年10月29日と近接していること。それなのに登記簿では、購入したのは05年1月になっていること。土地購入代金を払ったのに、銀行から改めて融資を受けてなければならない理由が分からないこと、など色々とある。
 もちろん、年金記録問題と小沢幹事長の問題を同じにすることはできない。しかし、問題を扱う立場の者がどういう判断をするかは興味深いものである。年金記録確認第三者委員会では、関連資料、及び周辺事情に信頼性が置ければ、保険料納付を認めた。小沢幹事長問題を扱うのは検察である。検察が年金記録確認第三者委員会の判断に相当する行為をするとなれば、それは小沢幹事長の起訴である。果して、検察は起訴するかどうか。もっとも、起訴されたからといって、有罪と決まったわけではない。それが確定するまでには、長い長い裁判が待っている。
[PR]
by nogi203 | 2010-01-26 14:29 | 年金話あれこれ

同意。

 ついに、日航OBの3分の2以上が企業年金の削減に同意した。
 日本航空の企業年金は確定給付企業年金法に基づく企業年金らしいが、この法律は企業年金の受給権の保護を図る観点から成立したものである。だから、年金が削減されるなどということはあってはならないはずである。しかし、法律の趣旨として労使の自主性は尊重するということであるので、労働者の方から削減してもらっても構わないと言うのであれば、法律の趣旨は損なわれないことになる。だから、労働者の同意を取りつけるのに躍起になっていたのであるが、削減要件の3分の2に達したということでほっとしたということであろうか。
 もっとも、年金を削減するといっても、それまで積み立てた年金原資を削減するというものではない。それはすでに、支払ったものであり、支払ったものをいまさら取り上げるなどということができるはずもない。問題は年金として、お支払いしますと約束した分が、まだ約束したとおりに積み立てられていないことである。積み立てられていないから、現在も積み立て中であるが、その積立が日本航空には大きな負担になっている。
 負担を軽くするには、積立しなければならない額を削減するか、それともいっそ、企業年金を解散してしまうかである。解散すれば、それまで積み立てられた分を受給者に分配することになる。それに対し、積立ねばならない額を少なくすれば、年金は継続される。受給額は少なくなるが、それでも解散されて分配金だけを受け取るよりはましである。ということを説明されて、日航OBは削減に同意することにした、ということであろうか。
 きっかけは、解散されるかもしれないという噂である。とくに企業再生支援機構が解散される方針を固めたという噂である。しかし、確定給付企業年金というものは、規約型なら厚生労働大臣の承認、基金型なら厚生労働大臣の認可によって実施できるものである。それが厚生労働大臣の意思を無視したような形で、企業再生支援機構が解散することができるものなのかどうか。日航OBは果して、そうした点を確認した上で同意したのかどうか疑問が残る。
 いずれにしても、こうした事態が生じるのは確定給付企業年金に積立不足という現実が存在するからである。確定給付企業年金は2012年3月末で廃止される税制適格年金や、代行部分が返上された後の厚生年金基金の加算部分の受け皿として設けられた企業年金制度である。企業年金を継続したい企業は、受け皿としての確定給付企業年金に、それまで積み立てていた年金原資を移行したのであるが、その時すでに、積み立て不足があったものとみられる。本来ならば、積立不足を解消してから移行するべきであるが、企業の財務負担が重くなることから、積立不足のまま移行することを認めた。積立不足分は移行後、積み立てていけばよい、ということである。移行後、積み立てる余裕があればよいが、今回の日本航空のように余裕がないとなれば、年金を継続していくことは難しくなる。現に、日本航空と同じように業績不振のまま、企業年金の積立不足に陥っている企業は、他にも多くある。日本航空の企業年金削減は、単なる始まりにすぎない。
[PR]
by nogi203 | 2010-01-18 14:45 | 年金話あれこれ

ジョン・マクレーン刑事の年金。

 1月3日、テレビ朝日の日曜洋画劇場でダイハード4.0が放映されていた。この映画の中で注目すべき場面があった。マクレーン刑事と敵対するハッカー一味のボスが、刑事の年金記録を抹消しようとする場面である。そしてその年金記録とは401Kプランによる年金記録であった。401Kプランは確定拠出型の年金制度である。そして、マクレーン刑事はニューヨーク市警の刑事であるから、地方公務員である。日本の確定拠出年金では公務員は加入できないが、アメリカでは加入できるということである。
 そのアメリカの401Kプランにはマッチング拠出がある。民間企業の場合それは事業主からの拠出によるが、公務員の場合には税金からということになろう。401Kは企業年金に相当するものであるから、公務員はそれだけ優遇されているということになる。日本の共済年金にも職域加算があり、公務員は年金で優遇されているといわれるが、アメリカも同じということか。公務員にとっては日本もアメリカも年金天国というべきか。
 さてマクレーン刑事はニューヨーク市警在職30年。すでに事業主拠出分に相当する部分の受給権は100%取得している。401Kプランは高給取が加入する傾向が強いというから、マクレーン刑事も高給取の部類に入っているのであろうか。ただ、気になるのは、ハッカーのボスがマクレーン刑事の年金記録を見て、30年間払い続けたのに、意外にあんたの年金は少ないな、と言っていることである。これは、マクレーン刑事が単に運用が下手なのか、それとも、抵当に入っているとはいえ、自宅を持っているらしいことから、ペナルティー付で途中引出しを行って、自宅の購入資金に充てたということであろうか。
 マクレーン刑事は50歳を少し超えた年齢であると思われる。しかし、401Kの年金は引き出せるのは59.5歳になってからである。まだまだ、頑張らなくてはならない。
[PR]
by nogi203 | 2010-01-10 17:01 | 年金話あれこれ

派遣法が改正される。

 本年、通常国会に改正派遣法が提出される。最大の改正点は,登録派遣の原則禁止である。1985年7月に派遣法が施行されて以来、派遣法は一貫して規制緩和の方向で進んできたが、始めて規制強化の方向に切り替わることになる。理由は派遣労働者の雇用の安定を図るためであるが,産業界は猛反発している。雇用調整手段の重要な一つが失われるからである。
 そもそも、派遣法の規制緩和の背景にはアメリカを中心とする市場原理主義の拡大があった。市場原理主義は企業に生産性の効率を求めるが,その場合,労務コストの削減を強く要求する。となると、企業内に余剰人員を抱え込みながらも、リストラを回避してきた日本企業の終身雇用制度は維持することが困難となる。そこで、リストラを断行して人員を減少し、派遣労働者をはじめとする非正規社員を利用することで、減少した人員を確保することが、労務管理の常套手段となり、その要求にこたえる形で派遣法も規制緩和されてきた。派遣対象業務の製造業への拡大、派遣期間1年ルールの撤廃、紹介予定派遣の承認、事業許可,届け出の簡素化などはすべて産業界の要求に応じたものである。おかげで、企業業績は向上し,増配企業が相次ぐことになった。
 しかしそれでは、産業界ばかりに甘い汁を吸わせたことになる。その代わりと言ってはなんだが、そこで政府が行ったことは、例えば、育児介護休業法における企業への新たな義務付けなどではなかったか。従来、期間を定めて雇用される者には認められなかった育児介護休業が、一定の要件のもと認められることになったことや、1歳を超えて育児休業が必要と認められる場合には,子が1歳6ヶ月に達するまでは育児休業を認めること、あるいは介護休業においては連続した1回限りであったものが通算93日まで認められるようになり、さらには、小学校就学前の子供を看護するための休暇を1年に5日まで認められたことなどである。
 これらのことが企業に対して,新たな義務として法律で定められたのであるが,その時期は、まさに、派遣法の規制が緩和された時期に対応している。それはいかにも、政府が産業界に派遣法の規制を緩和する代償として譲歩を迫った結果にも見える。
 今回,派遣法の規制が強化されることは,以上の経緯からみると、今回は逆に別の方面において,企業に対する義務付けが緩和されるのではないか、という予測を呼び起こす。それは必ずしも育児介護休業法とは限らないが,企業が求める緩和であればすべてのことで可能性はある、というべきではないか。そうでもしなければ、猛反対している産業界を同意させることは難しいのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2010-01-03 16:28 | その他