日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

公的年金支給停止制度。

 平成16年度の年金改正で創設された制度に「公的年金支給停止制度」がある。公的年金の受給者のうち、自主的に厚生年金などの受給辞退を申し出る制度であるが、制度実施は平成19年度からであったが、申し出た人は平成19年度で150人、平成20年度で96人でしかなかったという。
 厚生年金などの公的年金は60歳に達した時点で、老齢基礎年金の受給権を有し、被用者年金加入期間が1年以上あると支給されることになっている。構成は報酬比例部分と定額部分から成るが,生年月日が昭和16年4月2日から昭和28年4月1日までの間にあれば,60歳からまず、報酬比例部分だけが支給される。定額部分については生年月日による。
 そこで、国会議員のうち、今回の総選挙前の集計であるが、60歳以上の議員は何名いるかとなると、衆参合計で310名である。平成20年度の支給停止申し出者は96名でしかなかったのであるから、国会議員の中には議員歳費と公的年金の両方を受けていた人が相当多数いたことになる。国会議員として年金財政を憂えるのであれば、もっと多数の年金辞退者がいてもよさそうなものであるが、実態はそうではなかったらしい。
 ちなみに、今回の総選挙の結果、衆議院議員に当選した人達の中で、60歳に達した人は17名いる。民主党では、平野博文官房長官、海江田万里氏、小宮山洋子氏他6名、自民党では鳩山邦夫氏、甘利明氏、菅義偉氏他3名、無所属中村喜四郎氏他1名。果して,これらの議員が年金の支給停止を申し出るか否か興味深いところである。
 ところで、支給停止を申し出た人の人数を発表するのは社会保険庁である。ところが、民主党政権は行政官庁が独自に記者会見等を行うことを禁止すると言う。行うのであれば,政府の許可を得てからということになるらしい。とすると、年金の支給停止を申し出た人の人数も来年度からは発表されなくなるかもしれない。国会議員としては,国民の目を気にせずに、議員歳費と公的年金を受け取れることになるということか。
[PR]
by nogi203 | 2009-09-22 15:43 | 年金話あれこれ

レーガン大統領の予言。

 イチロー選手が9年連続200本安打を達成。今シーズンの安打数が200本に達したということで,日米通算安打数は3283本となった。これは、ウィリー・メイズの通算安打数に並んだということである。メイズが22年間で達成したのに対し,イチローは試合数の少ない日本でのシーズンを含めて18年間。いかに、イチローのペースが早いかが分かる。
 最終的にピート・ローズの通算安打記録4256本を更新できるか否かが興味深くなるが,それよりも当面の興味としては、まず、来年,トリス・スピーカーの3514本を超えるか否かが興味深い。あと、232本。今シーズン残り試合で何本打つかで目標となる安打数も変わる。
 そして、それが更新されれば,翌年はスタン・ミュージアルの3630本、ハンク・アーロンの3771本となり、残るはタイ・カップの4191本、ピート・ローズの4256本だけとなる。タイ・カップが引退したのが42歳、ピート・ローズが引退したのが45歳であるから、来月36歳になるイチローには十分チャンスはある。
 1985年9月11日、ピーター・エドワード・ローズがレイモンド・タイラス・カップの4191安打の記録を更新した時、レーガン大統領からホットラインでメッセージが送られている。以下の内容である。
 「あらゆるスポーツ種目の中で,最も長く続いた記録を更新した君に、心からおめでとうを言いたい。君の記録は破られることがあるかもしれないが、君の栄誉と球界に残した遺産は不滅のものだ。」
 このメッセージの中での、君の記録は破られるかもしれないがという部分、レーガン大統領のこの予言が実現する者がいるとすれば、それはイチロー以外にない。
[PR]
by nogi203 | 2009-09-15 16:11 | その他

アル・シモンズとは。

 イチロー選手が大リーグ通算2000本安打を達成。1402試合の出場での到達は,史上2番目のスピード記録。1番目の記録は1901年以降ではアル・シモンズの1390試合であるという。では、アル・シモンズとは。
 1921年、21歳でアスレチックスに入団。いきなり0.308を打って打点102をマーク。この年を含めて11シーズン連続3割以上,打点100以上を記録。1925年には253安打でリーグ首位。1929年、157打点で打点王。1930、1931年には0.381、0.390で首位打者。1933年ホワイト・ソックスにトレード、以後、タイガース、セネタース、ブレーブス,レッズ、レッドソックスと転々とし、1944年のアスレチックスでユニホームを脱ぐ。
 生涯成績 2215試合、8761打数 2927安打(二塁打539 三塁打149 本塁打307 打点1827 )
打率0.334 という成績である。
 2215試合に出場して2927安打であり、1390試合目で2000本であるから、残り2215-1390=825試合で 2927-2000=927本 ヒットを打っていることになる。2000本までが1試合当たり 2000÷1390≒1.439本であるのに対し、2000本後は 927÷825≒1.124本である。年齢と共にペースが落ちるのはやむを得ない。しかし、それ以外にも考えられる原因がある。 
 即ち,シモンズがヒットを量産した1920年代という特異な時代背景である。この時代、大リーグではライブリィ・ボール(飛ぶボール)が採用されたり,スピットボールその他のトリックピッチが禁止されたりして打者が有利な状況にあった。4割打者も続々と誕生した。そうした時代背景に乗ってシモンズもヒットを量産した。しかし、時代の推移と共に投手陣も変化に対応できるようになり、やがて打高投低は終わる。それと共に、シモンズのヒット数も減少していった、という推測である。
 それらの要素を考慮してみると,特に打者有利ともいえない現在のイチローの記録は、実質的にはシモンズを凌駕しているのではないか。
 なお、1931年(昭和6年)アル・シモンズは日米親善野球で来日している。その時のメンバー。
 ルー・ゲーリック、フランク・フリッシュ、ラビット・モランビル、ミッキー・カクレーン、レフティー・グローブ、ジョージ・ケリーなど。
[PR]
by nogi203 | 2009-09-08 15:02 | その他

これはどうなる。

 政権が民主党に移り,政府の権限も次々に移行することになる。その移行する権限の中で、次のことについてどうなるのかが明かではない。まずは、「街角の年金相談センター」のことである。これは社会保険庁の解体に伴い,日本年金機構と言うものが設立され,その際、年金相談の窓口として全国に配置されることになっているものである。年金については,電話やインターネットによる説明では満足な回答は得られない,国民がじっくり時間をかけて話を聞いてもらい、分かりやすい説明を受けるには対面による相談が最も効果的な方法であるという趣旨に沿って設立されるものである。このことについては、予算を含めて協議することでまとめられたと聞いている。ところが、予算については民主党は見直す方針であるということであり、その見直しの中に、この「街角の年金相談センター」の計画も入っているのかどうか,明かではない。国民本位で考えるのであれば,有意義なことであると思われるが、いかがなものであろうか。
 もう一つ。政府発行のメールマガジンのことである。
 政府発行のメールマガジンは小泉内閣の時に発行され,以後,安倍,福田、麻生内閣の時も,続けて発行されている。このメールマガジンは自民党政府が発行してきたものであるから、メールアドレスも自民党が管理しているものと思われる。この管理権は、政権が民主党に移ったからと言って移管する必要があるものかどうか。もとより、メールマガジンの発行に法的根拠があるわけではなく,いわば、自民党が私的に発行してきたものである。だから、民主党も管理権を移管せよとはいえないはずである。民主党がメールマガジンを発行しようとするならば、独自に発行しなければならず,そのためには新たに、メールアドレスの登録を求めざるをえまい。
 一方,自民党とすれば、新しい総裁のもとで、続けてメールマガジンを発行し続けてもよく、そのために今まで管理していたメールアドレスを利用したとしても問題はあるまい。購読するのがいやならば、登録を解除すればいいだけの話である。とすれば、自民党は、そのメールマガジンを民主党批判の道具として使えることにもなる。登録者は百何十万もいるということであるから、十分道具として使う価値はある。
[PR]
by nogi203 | 2009-09-02 14:43 | その他