日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白鵬優勝。

 大相撲春場所は白鵬の優勝で幕を閉じた。不知火型を土俵入りの型とする横綱としては、22代横綱太刀山を越えて史上最高の優勝回数となった、ということである。しかし、ここで問題がある。果して,太刀山の土俵入りが不知火型であったかどうかという問題である。 
 太刀山が横綱に昇進したのは、明治44年2月。その時,靖国神社ではじめて土俵入りを披露しているが、当時の新聞報道では、その土俵入りの型を雲龍の型と報道している。そして太刀山自身も雲龍の型と述べている。雲龍の型と報じている新聞も1紙ではなく、5,6紙におよび、本人も雲龍の型と言っているのであるから,議論の余地はないはずである。しかし、一方では当時既に不知火型と報じている新聞も数多く存在している。取材記者の資質が関係すると思われるが、それでも少しは論争が起こってもよさそうなものであるが、そのような気配はまったくない。明治の末、そのようなことにこだわる風潮はなかったということなのか。
 とはいっても、太刀山の土俵入りの写真を見ると,明らかに今日不知火型と称される土俵入りである。太刀山自身、その証言からみて、それをはっきりと雲龍型と認識していたことは間違いなかろう。ではどうして、それが不知火型の土俵入りと称されるようになったのか。
 伝聞ではあるが、次のような事情があるらしい。羽黒山が横綱になったとき、その土俵入りがいままで見た事のない型であったため、ある相撲雑誌の記者が老相撲好事家に何という型かと訊ねたという。その時、老相撲好事家が太刀山の型を継承したもので不知火型という、というようなことをいったらしい。これは、老相撲好事家の錯誤によるものであろうが、特に訂正されることもなく,そのまま受け入れられて、今日にいたったということである。受け入れられて定着した以上、いまさらどうのこうのいうまでもない、というのが協会の考えということか。それにしても、雲龍型だと思って勤めたはずの土俵入りが、不知火型の土俵入りになってしまっていることを知ったら、太刀山はどのような思いをすることであろうか。
[PR]
by nogi203 | 2009-03-30 16:13 | その他

雇用保険法改正

 改正雇用保険法が成立する見込みとなった。注目は、現行加入要件の見直しである。即ち,1年以上雇用見込みが6ヶ月以上雇用見込みに緩和されることだ。しかし、他にも,気になる見直しがある。育児休業給付の見直しである。給付率が育児休業開始時の賃金の40%から50%へという暫定措置はそのままであるが、従来,育児休業終了後,職場復帰し,同一事業所に6ヶ月勤務していると支給されていた育児休業職場復帰給付金が、育児休業期間中に全額支給されることになったことだ。
 育児休業取得者にとっては喜ばしいことではあるが、実は,この職場復帰後6ヶ月経たないと支給されないという制度については,舛添厚生労働大臣が就任間もない頃、異議を称えていたことがあった。職場復帰後6ヶ月経たないと支給されないというのでは、育児休業中の労働者の生活支援にならないというようなものであった、と記憶している。それが、今回の改正で見直されることになったのであるから,舛添大臣の意向が今回の改正案に反映されることになったということである。
 しかし、職場復帰給付金というのは、官僚が明確な目的を持って制度化したものである。即ち,育児休業を機会に職場を退く女性社員が70%にも達することから,その職場復帰を促すために設けたのであり、その額を増額したというのもその効果をより一層高めたいとしたことから実施したものである。給付額を増額したのが,平成19年4月の改正時であり、まだ2年しか経っていない。効果を見極めるには2年はいかにも短い。今回の見直しは、その効果を見極める期間を中断しても、舛添大臣が自らの意向を押し通したかのようにも見える。それはそれで、大臣としての見解であろうが、ただ、そういうことをしていては、大臣と官僚の関係がこじれることになるのではないかという心配がある。厚生労働行政は国民の生活に直結するものである.大臣と官僚の関係がこじれていてはまずいであろう。藤原紀香と陣内智則の関係がこじれるのとはわけが違う。
[PR]
by nogi203 | 2009-03-20 15:24 | その他

ワークシェアリングの実施。

 ワークシェアリングには緊急避難型と多様就労型があるといわれている。今般,世界的不況により、導入が検討されているのは緊急避難型といえよう。
 緊急避難型の最大の目的は雇用の維持にある。そのためには労働者にも賃金の引下げに応じてもらわなくてはならない。賃金の引下げは賃金体系の変更による。賃金体系の変更が賃金の引き下げにつながるのであれば,それは不利益変更である。不利益変更であれば、反対するものも出てくる。反対するのに、それでもなお,不利益変更を適用しようとするのであれば、変更に合理性がなければならない。合理性には最高裁判例で示された基準があり,その中のひとつに労働組合等との交渉の経緯というものがある。
 この基準を重く捉える傾向があり,だからこそ、今回の不況期において、ワークシェアリングを実施しようとする企業は、特に、労働組合との合意に気を配っているかのようである。確かにワークシェアリングの実施に労働組合との合意は必要ではあるが,その合意があったからといって,必ずしもワークシェアリング実施に伴う賃金体系の変更が効力をもつとはかぎらない。なぜなら、労働組合との交渉の経緯というものが、他の合理性判断基準に比べて、どれほど比重をもつものか,最高裁の判例では明らかにされていないからである。
 例えば,タケダシステム事件(S.58.11.25)や大曲農業共同組合事件(S.63.2.16)などでは、労働組合との交渉の経緯というものは、合理性を判断するための諸要素のひとつにすぎず、比重が特に重いということはない。それに対して、第1小型ハイヤー事件(H.4.7.13)や第4銀行事件(H.9.2.28)においては、多数組合との交渉の経緯が合理性を判断するための要素として重要視されている。
 この判例に照らせば,確かに,労働組合との交渉の経緯は重要ではある。だが、一方では、みちのく銀行事件(H.12.9.7)判決というものがある。この事件では,多数組合との合意があっても、不利益を被る一部労働者の不利益を緩和しないかぎり、労働組合との合意を合理性判断の要素と評価するのは相当ではない、としている。
 かくのごとく判例が割れているのであるから、確実にワークシェリングを実施しようとするならば,厳しい判例に合わせるしかないのではないか。となると、みちのく銀行事件判決である。そのためには、まず、各労働者毎にどれほどの不利益が出るのか、不利益が出た場合、どのように補填するか,などを十分に調査し、対策を講じておくべきではないか。それでなくては、円滑なワークシェリングの実施はない。
[PR]
by nogi203 | 2009-03-13 16:03 | その他

政治資金規正法違反。

 小沢一郎民主党代表の公設第1秘書が政治資金規正法違反で逮捕された。
 政治資金規制法によれば、政治家に直接政治献金をするのは禁止されているが、政治団体として資金管理団体などに献金するのであれば許されるという。もちろん、政治団体に実態がなければならないが、今回の場合,実態が伴わないのではないかということで,政治資金規正法に違反することになったらしい。
 それにしても、今回の報道で知ったことであるが、政治資金管理団体への寄付,献金については、総額を収支報告書に記載しておけばよく,誰からの寄付,献金であるかは特定しておく必要は無いという。NPO法人への寄付等ではそれでもよかろうが、利権がからむ政治資金管理団体への寄付,献金がそれでは問題があると思われるが、政治資金規制法では許されるらしい。
 収支報告書に総額だけを記載しておけばよく、誰が寄付,献金をしてくれたのか特定しておく必要が無いということでは、消えた年金問題にも通じるところがある。年金の納付記録も納付されたという事実が記録されているだけで、誰が納付したのかまでは特定されていない。その点、政治資金管理団体への寄付,献金と同じである。しかし、年金記録の場合,年金加入記録の送達や年金受給前の年金相談、または裁定請求を行なう際に,年金記録が本人のものであるか否かの特定作業を行うことになる。その点が政治資金管理団体への寄付,献金とは違うところである。年金記録はどこの誰のものかを特定する努力を行わなければならないが,政治資金規正団体はそのような努力をしなくてもよい、ということである。
 特定作業は氏名、生年月日、男女の別、住所の4項目によって行うが,この時,氏名のうつし間違いや読み間違い,生年月日の間違い、男女の別、住所の間違いなどで納付記録が特定の個人と結ぶつかず,誰のものか分からない年金記録が発生することになる。そして同時に、その誰のものかわからない年金記録を照合するための膨大な作業が発生することになる。
 誰が寄付,献金してくれたのか,特定しておく必要が無いというのであれば、その事務を担当するものは気楽なものである。寄付、献金があれば、ありがとうございます、と礼状を出しておけば済む。それがどこの誰からのものであるかなど気にしない。もっともらしい名前がついていればよい。例えば、新政治問題研究会とか未来産業研究会などである。年金記録を照合していく作業を必要とするのに比べれば、楽な仕事である。これでは、政治資金管理団体を利用する政治家は消えた年金記録問題で社会保険庁を非難する資格はない。
[PR]
by nogi203 | 2009-03-06 15:09 | 年金話あれこれ