日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

仕事もない、年金もない。

 昭和60年に改正された年金法は、人生80年を前提とした大改正であった。それがよく現れているのは、旧法では退職したら60歳からもらえるはずであった年金が、退職しても65歳にならないともらえなくなったことである。高齢化にともなう給付と負担の適正化を図るための改革であったが、しかしそうなると、困った問題が生ずることになった。当時、殆どの企業は定年60歳である。年金が退職してももらえないとなると、仕事もない年金もないという人達が社会にあふれ出ることになる。 
 この問題を解決する方法は二つしかない。企業が定年を65歳まで延長するか、政府が特別に年金を60歳から支給するかである。企業が定年を65歳まで延長することに同意したとすれば、それは企業が譲歩したと言うことである。それに対し、政府が60歳から年金を特別に支給するようにしたとすれば,それは政府が譲歩したということである。結果的には、政府が譲歩して60歳から年金を支給することにした。いわゆる、特別支給の老齢厚生年金である。
 ところが、平成16年6月、今度は高齢者雇用安定法が改正され、企業は60歳定年制の見直しを迫られることになる。定年年齢を引き上げるか、継続雇用制度を導入するか、それとも定年制そのものを廃止するか、いずれかを選択しなければならなくなった。これは、政府が今度は企業側に譲歩を促したとみなせなくもない
 しかし、問題はこれからである。昭和60年の改正が人生80年を前提としているならば、人生90年の時代になれば,今の年金法は、当然、見直さなければならない。そして、その可能性は大いにある。。その場合,人生80年を前提として年金支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられたのだとすれば,人生90年の時代では、年金支給開始年齢は65歳から70歳に引き上げられると考えねばなるまい。問題は,その時、定年年齢が65歳のままであると、昭和60年当時と同じ問題が生ずることになる。即ち,仕事もない、年金もない、という人達が社会にあふれ出るという問題である。
 となると、対策は又しても、昭和60年当時と同じく、企業が譲歩するか、政府が譲歩するかの二つに一つになる。昭和60年当時はまず、政府が譲歩して特別支給の老齢厚生年金なるものを支給したが,次回も同じようになるとは限らない。政府が先に、高齢者雇用安定法を改正して、70歳定年制を企業に迫ってくるかもしれない。
 いずれにしても、国会の勢力関係が大きく影響する。自民党が優勢ならば、企業に配慮して特別に年金を支給するかもしれないが、問題は民主党が優勢な場合である。企業に70歳までの雇用責任を課すのはいいが、そうなると、65歳から年金をもらえると思っていた人達を失望させることになる。民主党にとっては、まことに苦しい立場に立たされることになる。
[PR]
by nogi203 | 2007-11-30 14:55 | 年金話あれこれ

20歳前の傷病による障害基礎年金。

 20歳前の傷病による障害基礎年金に対しては、100分の40の国庫負担がある。この割合は基礎年金に対する国庫負担の割合、3分の1より大きい。その基礎年金に対する国庫負担の割合が2分の1に引き上げられることが既に決定している。すると、その負担割合は20歳前の傷病による障害基礎年金に対する国庫負担より大きくなることになる。
 20歳前の傷病による障害基礎年金の国庫負担がそのままの割合ならば,確かに基礎年金の国庫負担割合の方が大きくなるが、そのまま国庫負担率が改正されないとは思えない。国庫負担率2分の1に沿った引き上げが行われるものと予想とする。例えば、100分の40が100分の60などというように。
 そこで、問題はこの20歳前の傷病による障害基礎年金というものである。この障害基礎年金の受給に付いては保険料納付要件もないし、国籍要件もない。住所要件があれば請求できる。ただ、前年度所得による制限が設けられてるだけである。360.4万円超の場合2分の1が支給停止、462.1万円超の場合全額支給停止というものである。
 国籍要件も必要なく、保険料納付要件も必要ないのであれば、自国で障害を負った20歳未満の外国人は、日本に来て住所を定めれば障害基礎年金を受給できることになる。もっとも、日本の国民年金法に定める障害等級に該当していなければならないが。
 20歳前に障害を負っていて、前年度所得が360万円未満しかなく、それでも日本へやって来るというのは相当難しいことと思われるが,これは日本国内に支援者がいればできないことではない。しかもそれは、日本人である必要はない。日本で働いている外国人の親類縁者の中に20歳未満の障害者がおれば、日本に呼び寄せればよいのだ。まさに、日本の国民年金法は全世界の障害者に対して、障害年金の受給機会を与えているというしかない。
  しかも、基礎年金の国庫負担率が2分の1に引き上げられるのに伴い,20歳前の傷病による障害基礎年金に対する国庫負担率も引き上げられることになるとすれば、消費税等の引き上げによって国民が収めることになる税が、それら外国人の為により多く使われることにもなる。
 というようなことを考えてみると,20歳前の傷病による障害基礎年金については、国籍要件を付け加えてもよいのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2007-11-19 14:18 | 年金話あれこれ

鉄腕稲尾逝く。

 ある試合、ノーアウト、ランナ1塁で三原監督はピッチャー交代を告げた。リリーフは稲尾である。しかし、その時、稲尾はまだブルペンで7,8球投げただけで肩ができていなかった。稲尾の場合、肩ができるまでは15,6球投げる必要があった。そこで、稲尾はどうしたか。
 ノーアウト、1塁であるから、塁は2つ開いている。その開いている塁を埋めるための8球を肩を作るために利用する。
 最初のバッターはボールばかりのストレートのフォアボール、次ぎのバッターも最初からボール、ボール、ボールである。中継中のアナウンサーは稲尾はどうしたのでしょう、まったくストライクが入りませんと伝える。結局、ストレートのフォアボールで塁はすべて埋まり、ノーアウト満塁となる。
 勝負はここからである。稲尾は次ぎのバッターを三振にとる。これでワンアウト、続くバッターを内野ゴロに討ち取ってダブルプレー、スリーアウトチェンジである。
 鉄腕稲尾はこういうことができるピッチャーであった。ご冥福を祈ります。
[PR]
by nogi203 | 2007-11-13 10:51 | その他

小沢一郎の辞任表明とその撤回。

 唐突な話になるが、先々週のNHK大河ドラマ「風林火山」である。
 長尾景虎が突然、出奔して高野山に引き篭る。理由は家臣達が互いに争い、景虎の命に従わず、家臣団の統制が取れないからであるという。しかし、家臣達は景虎に領主の地位から退かれると、越後そのものがまとまらないから、領主の地位に戻ってくれるよう嘆願する。家臣団の望みを聞き入れた景虎は越後の領主に復帰するが、以後,求心力は高まり、景虎は強固な支配権を確立する。
 というものであるが、小沢一郎はこのドラマを見たのではないか。ここ数日の政局が、あまりにも、この筋書き通にいきすぎている。もっとも、長尾景虎は支配力を強化したが,小沢一郎は、なお、不透明である。
[PR]
by nogi203 | 2007-11-07 14:10 | その他

「NOVA」の前払いレッスン料。

 「NOVA」の生徒さんは、将来、レッスンを受けられるものと信じて、レッスン料を前払いしていた。ところが、「NOVA]が経営破綻してしまったため、将来、受けられるはずであったレッスンが受けられなくなったばかりでなく、前払いしていたレッスン料まで戻ってこないことになった。前払いしたレッスン料が、「NOVA]本体の経営と分離して保全されていたならば、前払いしたレッスン料は戻ってくるであろうが、「NOVA]はそのような保全措置はとっていなかった。だから、生徒さんが前払いしたレッスン料は戻ってこない。
 こうしたことは、民間のサラリーマンの場合にも起こりうる。退職金である。サラリーマンは会社に退職金規定があれば、将来、退職する時に退職金がもらえるものと思いこんでいる。しかし、退職するまでの間に会社が倒産してしまえば,退職金はもらえないことになる。「NOVA]の生徒さんと同じことになる。
 そういうことにならないように、民間サラリーマンには退職金の原資を、企業本体の会計から分離し,企業年金という形で外部の金融機関に保全するという保護措置がある。もっともそれは、企業年金を実施している企業の場合であり,実施していない場合には「NOVA」の生徒さんと同じ運命になる恐れは十分にある。帳簿上では退職引当金として計上していても、実際に原資が蓄積されているかどうかはわからない。別の用途に使っているかもしれない。「NOVA」の前払いレッスン料もおそらく同じようなことになっていると思われる。
 そうした被害を防ぐには,外部積立による原資の保全を法律で義務付けることであるが、それには問題がある。ことに退職金の場合は、払う、払わないは企業が自由に決められることであり,法律で規定してしまうと、払わないとした企業も払わなくてはならなくなる。その場合、困るのは中小零細企業であり、退職金原資を保全するための費用拠出によって、経営が圧迫されることになる。だから、法律で強制することは難しい。だから、企業の自主性に委ねるしかないのであるが、自主性であるから、保全措置を取らない場合,今回の「NOVA」のようなケースがまた現れないとも限らない。
 
[PR]
by nogi203 | 2007-11-02 14:20 | その他