日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


八百長疑惑。

 江戸時代から明治の中期にかけての横綱には、ある特徴がある。いずれも横綱推挙を受けたのが30歳を過ぎてからということである。中には、40歳を超えて推挙された十三代横綱鬼面山谷五郎の例などがある。現在なら、とっくに引退している年齢である。では、なぜ、そのようなことが起こったのか。
 大相撲には隠語が多くあるが、その中に、オサエという隠語がある。年功を積まなければ、実力は強くても、弱い先輩に勝ってはいけないという不文律である。こういう不文律があるからこそ、30歳を超えて横綱推挙を受けることができた解すれば、それは言ってみれば八百長であろう。もっとも、八百長いう言葉は明治の初めに生まれ、明治の後期に定着したと言われるから、江戸時代から明治の初めの横綱には八百長はなかったということにはなる。
 はっきり八百長と断言できる相撲といえば、明治43年1月場所の太刀山対駒ケ嶽の取り組みではないか。この取り組みをめぐっては八百長騒ぎが起き、場所後、八百長はしないという誓約書が提出されたそうである。八百長はしないと誓約したというのであれば、それまで八百長をやっていたと言うことであろう。
 最近、八百長疑惑をめぐって相撲協会と週刊誌の間に争いがあるが、八百長があったという側には物的証拠となるものがない。物的証拠として提出すると言うのであれば、太刀山対駒ケ嶽の際の誓約書のようなものでも提出するしかないのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2008-10-16 14:31 | その他
<< 投資銀行が残したもの。 標準報酬月額の改竄、その2。 >>