日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


若ノ鵬の提訴。

 元幕内力士若ノ鵬が相撲協会に対し,解雇無効の訴えを起こした。その法的根拠は労働契約法16条である。即ち,解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合、その権利を濫用したものとして無効とする、である。
 大麻を吸引し、吸引用具も発見されたのであるから、客観的に合理的な理由があるのは明白である。従って,争うとすれば,解雇処分が社会通念上相当か否か、という点になる。若ノ鵬の弁護士は過去の処分例と比較して、解雇という処分は重すぎ、相当性を欠いているとして解雇の無効を主張するつもりらしい。過去の処分例とは、拳銃の不法所持により書類送検された事件では譴責だけ、マージャン賭博で逮捕された事件では減棒で済まされたことなどを指している。確かに、それらの事件での処分をみれば相当性を欠いていることは否定しようがなく,裁判で争う価値は十分にあり,勝算もあるであろう。問題は担当する裁判官の社会通念次第ということになろうか。
 しかし、若ノ鵬が仮に裁判で勝ったとしても、再び相撲協会に戻れるとも思えない。なにより、観客が許さないであろうし、観客が許さない限り,興行としての大相撲は成り立たないからだ。とすれば、別途に解決策を講じざるを得ないのであるが、その解決策として労働契約法の論議の過程では金銭的解決というものが検討されていた。すなわち、解雇が無効になった場合、原則としては原職復帰であるが、実際にはスムーズにはいかない。争いの過程でのトラブルから感情的なもつれもあるし,いったん損なわれた信頼関係を回復できるどうかもわからない。そこで、救済的手段として、雇用関係を解消する代わりに、金銭的な給付を行い、紛争を早期に解決しようとする制度を法制化しようとした。
 しかし、これは労働者側の反対で見送られた。見送られた理由は、使用者側に安易な解雇を誘発させる危険が大きいというものであった。しかし,法制化は見送られたとしても,労働審判制度に寄せられる解雇事件の殆どは金銭で解決されているという現実が既にある。従って、若ノ鵬の場合も金銭的に解決されたとしても、別におかしくはなく、問題は金銭的な給付がどれほどになるかということではないか。ちなみに、若ノ鵬は現在の相撲協会の寄付行為施行細則では養老金の支給は受けられるし、厚生年金保険の脱退一時金の請求もできる。解決金はそれとは別ということになろうか。
 いずれにしても、今回の事例は、いずれ労働契約法が改正されることがある場合、参考事例の一つに含まれることになるのではないか。
 
[PR]
by nogi203 | 2008-09-17 14:27 | 労働基準法の穴
<< ウィ・ウィリー・キーラーとは。 従業員全員解雇。 >>