日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


改正パート労働法。

 パート労働法はパート労働者にやる気を出してもらうための法律でもある。通常の労働者との均衡を確保して,短時間労働者がその有する能力を有効には発揮してもらう、という文面にそれが現れている。しかし、平成5年にパート労働法が施行された当時はそれで十分であったが,近年、パート労働者の数が著しく増加し,さらに又,就職氷河期に正社員となることができず,やむなくパート労働者にならざるを得なかった人達が現れてくると、やる気を引く出すだけではパート労働法の役目を果たすことができなくなってきた。
 そこでパート労働法が改正されたのであるが,背景が変化したのであるから,条文に新たな文面を加えなければならない。それが、正常な労働者への転換を推進するという文面であるが、当面、国が行なえる対策としてはこれがぎりぎりの線ではないか。
 なぜなら、パート労働者の通常の労働者への転換を国が事業主に命じるわけにはいかない、かといって、努力義務にしておいたのでは事態の改善は期待できない。そこで改正法では、パート労働者にしておくのも、通常の労働者にするのも同じである,それならば、通常の労働者にしてしまえばどうかと促すことにする。
 改正法の8条は短時間労働者であることを理由として、差別的な取り扱いを禁止している。差別禁止の対象は、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他の待遇となっているから,法令の通りに行なっているとパート労働者も通常の労働者と同じように取り扱わなくてはならない。それならば、パート労働者を通常の労働者に転換させてはどうかと、国が事業主に提案しているかのようにも読める。
 もっとも、パート労働者を利用するのは労務対策の一つであるのは,間違いないのであるから,すべてのパート労働者を通常の労働者に転換させることは現実的ではない。又, パート労働者にも自らパート労働者であることを選んだ人達もいるのであるから強行的なことなどできるはずもない。だから、転換促進の対象となるパート労働者も限定的にならざるをえないであるが、この要件が厳しすぎることで,改正法の効果を疑問視する声がある。
 範囲は業務の内容や責任の程度が通常の労働者と同一であり、労働契約の全期間に渡って職務内容及び配転の変更の範囲が通常の労働者と同一の範囲で見こまれるものとなっていてから、確かに対象となるパート労働者は限定的である。しかし、限定的であるというのは、見直しの余地を残したと解せないこともない。なにしろ、条文に通常の労働者への転換を推進するという一文を加えたのである。実効が伴わなくては付け加えた意味がない。いずれにしても、このような行政手段は今までなかったことであり、成り行きを注目したい。
[PR]
by nogi203 | 2008-04-22 15:18 | その他
<< 最低賃金法の改正。 物価は上がる,年金は上がらない。 >>