日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


20歳前の傷病による障害基礎年金。

 20歳前の傷病による障害基礎年金に対しては、100分の40の国庫負担がある。この割合は基礎年金に対する国庫負担の割合、3分の1より大きい。その基礎年金に対する国庫負担の割合が2分の1に引き上げられることが既に決定している。すると、その負担割合は20歳前の傷病による障害基礎年金に対する国庫負担より大きくなることになる。
 20歳前の傷病による障害基礎年金の国庫負担がそのままの割合ならば,確かに基礎年金の国庫負担割合の方が大きくなるが、そのまま国庫負担率が改正されないとは思えない。国庫負担率2分の1に沿った引き上げが行われるものと予想とする。例えば、100分の40が100分の60などというように。
 そこで、問題はこの20歳前の傷病による障害基礎年金というものである。この障害基礎年金の受給に付いては保険料納付要件もないし、国籍要件もない。住所要件があれば請求できる。ただ、前年度所得による制限が設けられてるだけである。360.4万円超の場合2分の1が支給停止、462.1万円超の場合全額支給停止というものである。
 国籍要件も必要なく、保険料納付要件も必要ないのであれば、自国で障害を負った20歳未満の外国人は、日本に来て住所を定めれば障害基礎年金を受給できることになる。もっとも、日本の国民年金法に定める障害等級に該当していなければならないが。
 20歳前に障害を負っていて、前年度所得が360万円未満しかなく、それでも日本へやって来るというのは相当難しいことと思われるが,これは日本国内に支援者がいればできないことではない。しかもそれは、日本人である必要はない。日本で働いている外国人の親類縁者の中に20歳未満の障害者がおれば、日本に呼び寄せればよいのだ。まさに、日本の国民年金法は全世界の障害者に対して、障害年金の受給機会を与えているというしかない。
  しかも、基礎年金の国庫負担率が2分の1に引き上げられるのに伴い,20歳前の傷病による障害基礎年金に対する国庫負担率も引き上げられることになるとすれば、消費税等の引き上げによって国民が収めることになる税が、それら外国人の為により多く使われることにもなる。
 というようなことを考えてみると,20歳前の傷病による障害基礎年金については、国籍要件を付け加えてもよいのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2007-11-19 14:18 | 年金話あれこれ
<< 仕事もない、年金もない。 鉄腕稲尾逝く。 >>