日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


亀田興毅の釈明。

 亀田興毅が肘でもいいから目に入れろ、という自分の言葉の釈明を行なっている。
 それによると、あれは亀田家のボクシング用語だそうである。本当の意味は、肘をあげて、しっかりガードして、目の位置を狙え、という意味だという。そして、亀田家のスタイルの基本だそうである。
 亀田家のボクシング用語なるものが世間一般に浸透していて,誰もが知っているならば,この釈明は通用するであろう。しかし、今回の世界タイトルマッチが終わるまで,このような亀田家のボクシング用語なるものが存在することなど、世間一般の誰も知らなかった。知らなかったのであるから,言葉通に受け取られても仕方がない。それが理屈というものだ。
 これは、民法93条でいうところの「心理留保」に相当するのではないか。
 即ち,相手が真意で言っているのではないと知っていて,その言葉を聞いたのであれば,聞いた方は本気にしないから、害は発生しない。しかし、相手が真意で言っているのではないと知らず、相手の言葉を聞いたのであれば、聞いた方は本気にするかも知れず、害が発生する可能性がある。だから、言葉通に受け取られても仕方がない、ということだ。
 世間一般は亀田家のボクシング用語など知るはずもないから,興毅のいったことをそのまま受け取る。それが当たり前である。あとから釈明などしても通用しない。
 以前、俳優の萩原健一が暴力団の名前をちらつかせ,出演料を受け取ろうとした事件があった。萩原健一自身は冗談のつもりだったらしいが、結局、刑事処分を受けた。相手が冗談とは受け取らず,受けた言葉に脅威を抱き,心理留保が成立したためである。
 亀田興毅の場合も同じである。処分は当然である。
[PR]
by nogi203 | 2007-10-16 14:14 | その他
<< 有期労働契約。 退職金リスク。 >>