日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


加護亜依ちゃんの解雇。

 元モーニング娘の加護亜依ちゃんが所属事務所との契約を解除された、という。契約が解除されたと言っているのであるから、所属事務所では加護ちゃんとの契約を労働契約ではなく,芸能人としての業務請負契約として認識していたのであろう。
 それに対して,ワイドショー等ではあいかわらず解雇されたと伝えている。芸能人の解雇ということでは、極楽とんぼの山本圭壱のときにも書いた。その場合,解雇というのであれば,芸能人と所属事務所との間に労働契約がなければならないということも書いた。契約が業務請負契約ならば,解雇などというい言い方はできないのである。その場合、業務請負契約を解除したと言うべきであり、その点では加護ちゃんの所属事務所は正しかったかのように見える。
 しかし、今回の場合は、山本圭壱の場合とは少し異なる。なぜなら、加護ちゃんは今年1月から,所属事務所で事務の手伝いをしていたと言われているからだ。事務の手伝いが業務請負契約で任せられるとは考えにくい。当然そこには、業務の指示があったとみるべきであり、業務の指示があれば、それは紛れもなく,労働契約に基づいて行なわれたと見るべきであろう。たとえ、契約の名称がいかなるものであったとしてもである。となると、今回の場合,むしろ,ワイドショー等で伝えている解雇されたという方が正しく、所属事務所の方が開示している内容の方が実態に反していると言うことになるのではないか。
 所属事務所の処分の仕方に問題があるとすれば,加護ちゃんとの間に別の問題が生まれる可能性もある。なぜなら、実態が労働契約であるならば、それを所属事務所の方から一方的に解除したということは解雇になるからである。解雇になるのであれば、当然、解雇予告をするか、解雇手当を払うか、それとも即時解雇について行政官庁の認定を受けるかをしなければならない。そのうち、いずれも行なっていないとすれば、解雇手続き上の瑕疵があるといわれても仕方がない。そして、そのことを理由として、解雇無効の訴えを起こされても仕方がない。もっとも、解雇無効が認められたとしても、それは事務の手伝いに関する解雇が無効になるということであり、芸能人としての復帰が可能になると言うことではない。
 しかし今回の場合,問題はそういうことよりも、所属事務所が加護ちゃんとの契約を業務請負契約と認識していたとすると、雇用保険の被保険者資格取得の届出をしていないのではないかという疑いがあることである。雇用保険の被保険者資格取得届を提出していないと、労働者は離職したときに雇用保険の基本手当を受けることができない。今回,加護ちゃんの場合,事務の手伝いを始めたのが今年の1月からということであるから、基本手当の受給資格取得にまでは至っていないが、契約解除が6月であったならば,受給資格は得られていたのである。その場合,所属事務所は加護ちゃん対して、損害賠償責任を負わなければならなかったかもしれないのであるから、社会保険、労働保険の手続きだけは厳格に行なっておくべきであろう。
[PR]
by nogi203 | 2007-03-28 14:39 | 労働基準法の穴
<< 育児休業者職場復帰給付金 黒田清子(さやこ)さんの話をも... >>