日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


介護保険の行く末。

 介護保険は医療保険の財政負担を軽くすることから生まれた。その財政負担を軽くするために生まれた介護保険自体の財政負担が重くなっては困る。財政負担を重くさせないためには、被保険者の使用を制限することである。そのためにまず、認定審査会を設けて,保険を使えるかどうかを審査することから始める。次には、使えるとしたら、いくらまで使えるかを要介護度において上限を定めることにする。さらに,福祉用具を購入できるとしても、それは厚生労働大臣が定めたものに限るとする。これで、国民健康保険において生じた保険給付の無制限な増大という事態を回避できるとしたのであるが、しかしそれでは、被保険者の不満を増長させることにもなりかねない。なにしろ、新しく払わなくてはならない保険料が増えたのであり,使える使えないの審査が認定審査会に委ねられたのである。認定審査会においては、苦情処理制度を設け,不服申立てができるようにはしたが,透明性には疑問があるといわねばならず、被保険者の不満を完全に解消したとは言えない。そこで、条例により,保険者としての自治体に上乗せ給付、横出しサービスをすることを認める。食事サービスや緊急通報サービス、バリアフリーの高齢者,障害者向け住宅の確保、福祉電話サービス、蒲団乾燥、消毒サービスなどがそれである。
 しかし、介護保険の財政負担を重くさせないことを優先させるならば、これら上乗せ給付、横出しサービスは、その趣旨を脅かしかねない危険性を内包しているとは言えないか。ことに、介護を事業とする業者が自治体と癒着した場合,業容の拡大を業者主導で自治体に働きかけると、上乗せ給付や横出しサービスとしての介護事業は歯止めなく拡大していく恐れがある。
 当然、事業計画に要する費用に保険料が充当されることになるが、予算を超えると財政安定基金から借りなければならず,借りた分は保険料を増額させて被保険者から徴収しなければならなくなる。それで治まっていればよいが,こうしたことがことが次々と波及して、あれもこれも介護保険でということになると,今度は介護保険自体を見直さなくてはならなくなる。すると、医療保険から介護という部分を切り離して介護保険を作ったのと同じように,介護保険から新しい理念を取り出して、またもや別の公的保険を作らねばならなくないとも限らない。すると、国民としてはまた、新しく保険料を払わなければならない公的保険が増えることになる。ということを考えると,いくら条例でできることとはいえ、上乗せ給付や横だしサービスはほどほどにしておくべきであろう。
[PR]
by nogi203 | 2006-12-10 17:02 | その他
<< セクハラ訴訟。 投資教育。 >>