日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


108人目の犠牲者。

 JR福知山線の列車脱線事故で死亡した男性と13年前から同居していた女性が自殺した。遺族としての扱いを受けられなかったことも原因の一つとされているが,この女性は労災での遺族給付が決っていたというから、国としては遺族として扱っていたと言うことになる。JR西日本も労災での年金支給が決るまで,担当社員をつけて生活費を払っていたと言うから,遺族としての扱いはあったと思われる。労災での年金支給が決った後,生活費の支払いは止めたというが,それは当然のことである。労災での年金支給があり,それに生活費を払っていたのでは二重の補償になり、他の被災者に対して不公平というものである。亡くなった女性は更なる苦しみという言葉を残しているが、それが生活費の打ちきりを指しているのであれば,この女性は労災給付というものの理解が不足していたと言わざるをえない。そして、生活費というのであれば、厚生年金からも遺族厚生年金の支給があるはずであるから、なおさらである。
 では、遺族として扱わなかったのは誰なのか。
 女性は遺族らでつくる「4・25ネットワーク」の月1度の例会で遺族として扱ってもらえないと漏らしていたというから、このネットワークが女性を遺族として扱わなかったものと思わざるを得ない。ネットワークが女性を遺族として扱わなかったのは入籍していなかったことが理由らしいが、入籍していなくても、事実婚として労災、厚生年金で遺族年金の受給権者となれることから考えても,遺族として扱わないのは不当といわざるを得ない。ちなみに,事実婚として認められる要件は、婚姻届を出しさえすれば受理してもらえる戸籍上の身分を持っていること,即ち,離婚の意思はあるが、まだ届を出していない別居中の夫あるいは妻がいないという状態であるということ、さらに、両性に婚姻の合意があることである。婚姻の合意は住民票が同じなら認められるから,13年も同居していたのであれば、疑いを挟む余地はない。
 以上の経緯から見ると,JR西日本の対応のまずさを非難するような報道は見当はずれのような気がしないでもない。
[PR]
by nogi203 | 2006-10-18 14:30 | その他
<< 健康保険法の成立。 養育費。 >>