日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


安全配慮義務違反。

 最高裁判決が企業社会に及ぼす影響は重大なものがある。陸上自衛隊八戸整備工場事件判決が企業社会に及ぼした影響は、企業には労働者の労働に対する安全配慮義務があり、それを怠ると損害賠償責任が生ずるということである。これは、労災事故で提訴されれば不法行為責任だけではなく、債務不履行でも責任が問われるということであり、労働者にとって有利になったということでもある。逆にいえば,それは当事者の一方である事業主にとって大きな負担が課せられたということでもあった。
 その後起こった電通事件はさらに大きな影響を企業社会に与えることになる。即ち,過労と鬱病には因果関係があり、鬱病による自殺も事業主の安全配慮義務が疎かにされていた結果であると判断されたのである。しかも、その損害賠償額が一億円を超える巨額であり、事業主、特に中小企業の事業主を震撼させたものであった。
 安全配慮義務の範囲はその後、より広く解釈されるようになり、提訴件数は平成十年以後、激増することになる。当然、事業主も対策を講じざるをえなくなるが、安全配慮体制を厳格にするだけでは対応しきれない部分もある。となると、結局最も安全なのは、労災リスクのある作業を下請けに丸投げしてしまうことである。資材その他の一切を支給することなく,指揮命令権を下請けに委ねてしまうと、労災責任を問われることはない。
 その一方、元請側のそうした都合によって、作業を丸投げされた下請け側は果して労災リスクをはっきり認識しているのかという疑念が残る。仮に,労災事故が起こったとしても、下請け側がわずかに救われるのは労働者の側にも自己保健義務があって過失相殺されるかもしれないということ、あるいはまた,過失相殺は損害賠償額から労災給付分を控除した額と相殺するのか,それとも控除する前の額と相殺するのかという点において、控除した額と相殺すると規定されたことぐらいである。
 そのように、大きな負担を負うにもかかわらず,元請けの要求に抗しきれないとするならば、労働者の安全配慮義務を司法判断で認めた最高裁判決も、その後の推移をみれば、下請け事業主苛めという事態を招いているという見方もできるのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2006-10-01 16:42 | 労働基準法の穴
<< 養育費。 サービス残業の摘発。 >>