日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボーナスを貰ってから----。

 ボーナスからも社会保険料は徴収される。しかし、ボーナスを貰った月に被保険者資格を喪失した時は社会保険料は徴収されない。すると、ボーナスを貰う前に今月で辞めますと伝えておけばボーナスから社会保険料は徴収されないはずである。しかし、会社員には不安がある。今月で会社を辞めると言えば,ボーナスが貰えないのではないかという不安である。だから、貰ってから辞めますと言おうとする。
 確かに、ボーナスには支給日在籍要件があって、支給日に在籍していない者にはボーナスを支給しなくてもよいと言う規定が就業規則等に定められていることがある。今月で辞めますといっても、辞めるまでにボーナスが支給されるのであれば,支給日在籍要件は満たしており不支給になることはないのであるが、それでもなんとなく不安である。その結果、ボーナスを貰ってから辞めますと言うことになるのであるが,貰った時には既に、ボーナスから社会保険料は徴収されている。
 しかし、徴収されてはいても,まだ、社会保険事務所には納められてはいない。納めるのは翌日の末日までで社会保険事務所から納入告知書で納付額を示されてからだ。社会保険事務所は納付額を定めるために事業主にボーナス支払い届けを提出することを義務付けており、それはボーナス支払日から5日以内である。辞めようが、辞めまいがボーナスを支払ったことは間違いないのであるから,支払い届は提出するが、ただ、辞めた場合,事業主は資格喪失届も提出することを義務付けられている。そうすると、ボーナス支払い届けと被保険者資格喪失届を受け取った社会保険事務所は資格喪失者の分を除いた支払い額を基準にして保険料納付額を決めることになる。
 その場合,資格喪失者の分として事業主が徴収し、手元に残っている分は社会保険事務所から納付を命ぜられることもなく、依然として、事業主の手元に残ったままとなる。当然、ボーナスを貰った後退職した会社員に返さなくてはならないのであるが、果して、返すであろうか。黙ってもらっておいても気付かれる恐れは殆どない。社会保険料の徴収に詳しい会社員であれば、返還を求めてくるかもしれないが、そのような会社員がいるとは思えない。すると、納付を免れた社会保険料は結局は事業主のものになってしまう。
[PR]
by nogi203 | 2006-08-01 14:02 | その他
<< 共済年金の優遇。 安部晋三政権の誕生を睨んで。 >>