日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


就業規則の別規定

 従業員といっても正社員だけではない。パート、アルバイト,契約社員、派遣社員等いろいろな人がいる。それだけ多様な社員がいるのに就業規則が一つでは不合理なことも出てくる。だから、正社員とは別に,非正規社員用の就業規則を作りたいというのは,事業主側の要望であろう。さらに、就業規則だけでは不充分なものについては、別に規定を定めて正社員と非正規社員の区別をはっきりさせたいというのも事業主側の要望であろう。しかし、就業規則の別規定として定めることのできるのは、賃金、退職手当、安全及び衛生叉は災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項しかなく,他のことについては労基法上定めることが認められていなかっった。ところが、改正された労基法においては、その規制は撤廃され、事業主は労基法条すべての所の事項について別規定を設けることができることになった。
 事業主の要望はかなえられたのであるが,労働者の方としてはそれでは納得のいかないことも出てくる。同じ職場で働き、同じような仕事をしているのに、パートとかアルバイトという名前だけで処遇に差別をつけられてはたまらない。当然、異論が出るであろうし,事実,判例においても、そのような差別を公序良俗に反するものとして、許されないものとしてしている。
 確かに、パート、アルバイト等と正社員を同条件で処遇するというのは、不合理な面があり、事業主が処遇を区別したいのは理解できるが,それでもその区別は合理的な内容であることを要求されるということを忘れはならない。
[PR]
by nogi203 | 2006-06-12 15:26 | その他
<< 家事援助。 支払うべき代償。 >>