日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


国民健康保険制度を守る。

 国民健康保険という場合,国民とは当然日本国民のことであろう。とすれば、国民健康保険制度は日本国民が利用する制度と言うことになる。ところが、昭和61年4月以来、この制度は外国人にも利用できるようになっている。
 このことの意味は重大である。なぜなら、外国には健康保険制度のない国もあり,それらの国の国民が健康保険制度を利用したがためにやって来ることも考えられるからである。実際のところ,日本に住所を定め,保険料を納めれば外国人でもく国民健康保険を利用することができる。
 しかし、やってきて、いきなり、国民健康保険を利用するのでは,いかにも、国民健康保険を利用したがためにやってきたかのようである。それでは、保険者としての市区町村は困る。だから、一定の制限を設けることはやむを得ない。といっても、国籍を理由に制限することは人種差別という非難を招くであろうからそれは出来ない。そこで、誰に対しても説明できる適用排除者として、まず、不法入国者をあげる。
 次ぎに、やってきていきなりでは困るのであるから、滞在期間の長さで制限する。そして、その期間を1年とする。この1年という期間が長いか短いかは、その後、創設された介護保険でも滞在1年未満の外国人を適用除外としていることからみても、ほぼ、妥当な期間といえるのではなかろうか。
 しかし、1年間と定めたとしても,それが固定されたものとみるのは誤りであろう。国際間において,社会保障制度に格差がある以上、格差に引き寄せられて人が流入してくることは十分に予想される。その流入を無制限に認めていては、国内の社会保障制度そのものが守りきれなくなる。そうして危機を防ぐためにも,滞在期間の制限に裁量権を留保しておくことは、絶対必要である。
 
[PR]
by nogi203 | 2006-05-17 15:29 | その他
<< 年次有給休暇の計画的付与 さあ 世界史を語ろう。 第27... >>