日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さあ 世界史を語ろう。 第214回 ドイツ帝国の興亡

 社会主義者を弾圧する一方、社会保障制度を創設する、そうして労働者の不満を回避するという、いわゆるアメとムチの政策はビスマルクの巧みな統治手段として今日、評価されているが、このうち労働者の不満を回避するという目的の部分にビスマルクの本来意図することと異なった点があるのではなかろうか。
 いうまでもなく、ドイツ帝国は皇帝を頂点とする国家である。そうした皇帝国家において、このようにビスマルクの業績を高く評価するようなことがあれば、ビスマルクは帝国内において、皇帝よりえらくなってしまう恐れがある。それでは困るのであろう。なにしろ、ドイツ帝国は統一後まだ間もないのである。そして、その成立もプロシアの優越した軍事力を求心力としてやっと可能となったものに過ぎないのである。そのような状況の中で、国家として最も求められるのは、国家の頂点に立つべき皇帝の権威が、統一の対象となった幾多の君主国の上に確立されることであるはずである。そしてそのことを誰よりも承知していたのはドイツ帝国を実質的に指導するビスマルクであるから、彼本人が評価されることなどは本意ではないのはいうまでもなかろう。
 この社会保障制度の確立において、労働者の不満を回避することに成功したというのであれば、それは皇帝の権威を高めるために効果があったと評価されなければビスマルクとしては満足できない。だからこそ、ビスマルクはこの社会保障制度をウィルヘルム1世の勅諭という形で布告することになるのであるが、それでこそビスマルクの本意が達成されるとみるべきであろう。
 しかし、こうしたビスマルクの本意がいつまでも理解されつづけるとは限らない。皇帝としてはそれだけの経緯があったとすれば、ビスマルクに借りがあると見なければならないが、皇帝がウィルヘルム2世から3世に移ると情勢は一変する。ビスマルクの方針から外れた政策を指示するようになるのである。いわば、恩を仇で返すようなものであるが、そのようなことが皇帝一人でできるものとは考えられない。産業界がビスマルクを見限り、皇帝をたきつけ新しい政策に方向転換させたとみなせるのである。
 この過程において、ビスマルクは産業界に裏切られたと思わざるを得ない。なぜなら保護関税政策によってドイツの国内産業は発展したのであり、社会主義者弾圧法により労働者階級の要求を抑え込めたのであるから、産業界はビスマルクに借りがあったとみなさなければなるまい。ところが、産業界はあくまで強欲である。業容の拡大が、ドイツ艦隊の創設とその拡大によって実現されるというのであれば、ヨーロッパ列強のバランス・オブ・パワーに関係なく、政府に艦隊創設の実現をせまる。
 そして、艦隊法という法律が成立し、艦隊の建造が法律で義務付けられることになるのである。こうなれば、政府予算は艦隊建造に振り向けざるをえず、産業界は当然潤うわけであり、この方針に賛同するウィルヘルム3世をドイツ帝国の指導者として押し立てることになるのである。しかし、そのことがイギリス、ロシアを敵にまわすことになるのを心配するビスマルクを結果的に退けることになる。
 その結果、ドイツは第一次世界大戦での敗北、そしてヴェルサイユ体制の受け入れ、ワイマール共和国の成立、ナチスドイツの台頭へと進まざるをえなかったというのであれば、この時の産業界の強欲はまさに国を誤らせたというしかあるまい。
[PR]
by nogi203 | 2005-12-28 14:46 | 歴史分析
<< さあ 世界史を語ろう。 第21... さあ 世界史を語ろう。 第21... >>