日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


能力主義の波紋

 グローバル経済がもたらしたものに人事労務対策における能力主義がある。グローバル経済においては、投資資金は国境を超えて、自由に移動し、国家の制御がおよばない活動を繰り返す。それら投資資金の求めるものは、短期的な利益の確保であり、長期雇用を前提とする終身雇用、年功賃金という人事労務対策になじまない。それら、投資資金の強い要求があれば、企業も拒絶しつづけることは困難となる。まして、その要求に合理的な根拠があればなおさらである。即ち、終身雇用、年金賃金は国内市場の恒常的な規模の拡大があってこそ成り立つものであり、規模の拡大が人口減少によって成り立たないというのであれば、制度を維持することの意味はないというものである。
 その要求に反駁できない企業は確かに、終身雇用、年功賃金制度を放棄し、より合理的な非正規社員の登用による人事労務対策に転換しなければならないであろう。しかし、人口減少にもかかわらず、適正な企業利潤を確実に上げている企業であれば、何も無理をして人事労務対策を変える必要はない。投資家に対して、十分に報いているのであるから、企業としての責任は果たしているという言い分は根拠を持つ。
 確かにそれはそのとおりであるが、かといって、能力主義に基づく法規制をも排除すべきものでもあるまい。例えば、男女雇用均等法におけるセクハラ配慮義務は女性労働者の能力発揮を妨げるからという理由が表向きではあるが、能力主義を採用しないからといって、導入しないわけには行くまい。なぜなら、そこには、女性労働者の人権に配慮するという背景が存在しているのであるから、能力主義云々は理由にならないというべきであろう。
[PR]
by nogi203 | 2005-09-15 13:57 | その他
<< さあ 世界史を語ろう。 第16... さあ 世界史を語ろう。 第16... >>