日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


民法625条第1項

 民法625条第1項によると、労働者の地位を使用者が第3者に譲るについては、労働者の承諾をえなくてはならないとなっている。このうち、労働者の承諾については労働協約又は、就業規則において包括的な同意がなされているものとの解釈が為され、それに基づいて出向が命じられている。しかし、その出向も在籍出向に限ってのものであり、転籍を伴うものであれば、包括的同意は及ばないとされる。その場合、労働協約や就業規則は効力をもたず、個別の同意が必要とされる、というのがこれまでに構築された法理となっている。
 この法理は当然のことであろう。なぜなら、労働契約は労使双方が基本的な義務を履行すればよいというものではなく、附随的な義務も誠実に履行する責任を伴うものであるからである。それならば、出向などというものは労働契約締結時の労働する場所という労働条件を変更するものであるから、使用者は本来的に誠実義務に反していることになる。まして、使用者も変わることになる転籍では誠実義務の履行により大きく反しているのであり、その反動として、労働者自身の個別の同意が求められるというのも当然のことといわねばなるまい。
 そればかりでなく、誠実義務に反してもなお、命じるというのであれば、そこには企業活動上の必要性が厳しく求められるのも当然のことであり、それに加えて、労働者が受ける不利益に配慮する責任も当然負うことになるであろう。いってみれば、民法625条第1項の適用も労働者への配慮と尽くして後の適用でなければならないということになろう。
[PR]
by nogi203 | 2005-07-31 14:41 | 労働基準法の穴
<< さあ 世界史を語ろう。 第14... さあ 世界史を語ろう。 第14... >>