日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アンジェリーナ・ジョリーの卵巣摘出手術。

 アンジェリーナ・ジョリーが卵巣の摘出手術を受けたという。アンジェリーナ・ジョリーの摘出手術は2013年5月の両乳房に続いてのことである。摘出の理由は彼女の持つ遺伝子が変異してガンになるリスクが高いためであるという。この手術の意義について、彼女はガンになることに怯えて暮らしている女性に、こういう選択肢もあるということを知ってもらいたかったためと語っている。確かに、その決断は高く評価されようが、問題はこの手術が予防目的であるということだ。予防目的であるとすれば、まず、日本では健康保険は適用されない。となると、手術を受けようとすれば、費用は全額自己負担となる。
 では、その点でアンジェリーナ・ジョリーの場合はどうだったのかである。この点に関して、アメリカである裁判例がある。以下の通り。
 20歳の女性がいた。その女性の母は48歳で卵巣ガンで死んだ。そして、その叔母も47歳で卵巣ガンで死んだ。女性は自分も卵巣ガンになる恐れがないか診察を受けた。すると、その危険性はあるが、今、卵巣を取り除いておけば、危険はなくなると診断された。女性は卵巣摘出手術を受けた。そして、その手術代を保険者に請求した。しかし、保険者は拒否する。納得できない女性は裁判を起こす。1審では女性は負ける。しかし、2審では勝利する。手術費は保険で賄うことができたのである。
 アンジェリーナ・ジョリー自身がこの裁判のことを知っていたかどうかはわからない。しかし、ハリウッドの大スターとなれば顧問弁護士がついているであろうから、自らの遺伝子について何らかの不安をもらしておれば、弁護士はこの判例に基づいて何らかのアドバイスを与えたことは十分に予想できる。とすれば、彼女が手術を受けたとき、この裁判のことも少しばかり言っておいてもおいてもよかったのではないかとも思う。もっとも、日本で同様の裁判を起こしたとしても、勝てるかどうかはわからないが。

[PR]
by nogi203 | 2015-04-07 14:22 | その他
悪用されるか、マイナンバー。 >>