日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今日のゲストは佐良直美さんです。

 BSジャパン、1月26日午前5時15分放送、チータだ、元気だ、歌友達、より。

水「さて皆さん、今日は本当に来ていただきたかった方をゲストにお招きしているんでございます。もう、随分長いですね、お付き合いが。でも、今日は久しぶりでございますのでご紹介します。佐良直美さんです。ようこそ、おはようございます。」
佐「おはようございます。」
水「朝早くからすいません。」
佐「いえ、早いのは慣れてますから。」
水「あっ、そうね。」
佐「えっ、へっへっへっ------」
水「いつも何時頃起きるの?」
佐「4時」
水「4時!」
佐「夕方じゃないよ」
水「わかってますよ。(笑)」
佐「その代わり、夜になったら10時頃に寝ちゃうの」
水「そうなのよね」
佐「そうしないと、仕事が間に合わないのよ、4時に起きないと」
水「いわゆる、運動したりとか」
佐「犬の世話、猫の世話とかあって」
水「可愛いですね見てください、このお行儀の良さ」(佐良さん、犬を2匹連れて出演)
佐「この黒い方がパナです。こちらが、白黒の方がクレアといいます。」
水「それで、犬種といいますか、その---」
佐「(黒い方を指して)これはボーダーっぽいです、これを見てボーダーっぽいという人は少ないですけど、だいたいこっちは(白黒の方)ボーダーっぽいですけどね,毛が短いのでね。
水「いい子だね、お利口さんで、(頭を撫でる)」
佐「これ(黒い方)作業犬の血統なんですよ、羊を追うんですよ。」
水「そうなんだ、でも、だいぶいいお年になっているのね」
佐「十二才で(白黒の方を指して)それから、こっち八つです。あっ、年をばらしたから逃げ出した(白黒、逃げる)」
水「あっ、はっはっはっ(笑)何でも言うこと聞くんでしょ」
佐「うーん,何でもというわけじゃないけど、今、気取ってるので(犬がテレビ出演中で)猫かぶっているのかね、えっへっへっ」
水「ご自分で飼ってらっしゃる犬と、それから、佐良さんに訓練してくださいという犬と---、みんな----」
佐「ううん、そういうんじゃなくて、うちはあのー例えば、チータのブラックちゃん、トレーニングしてみたいなということであれば、いらしていただいてトレーニングの方法を飼い主さんに教えているの。」
水「あっそうなんだ」
佐「そうでないと、ほら、うちへ帰っちゃったら、でれーっとかなっちゃってどうしようもないでしょ(笑)」
水「そうよね、こういうふうに行ったらいいですよ、ということを教えてくれるのね。」
佐「うーん、だからやっぱり、家でね、どのように家族の一員として過ごすかということとか
----,いろいろ、その他に競技犬とかありますけど---」
水「まあ;皆さんがお連れになってきても、この子はって子もいますか?」
佐「うーん、一番困るのは無趣味な犬、例えば食べ物が好きだとか、おもちゃが好きだとか、それさえ見せればみたいな事を---、これ(黒い方)なんかおもちゃさえ見せれば、もうすごいことになっちゃうけど---」
水「うれしい---」
佐「これは(白黒の方)、もう食べ物でしょ、ところがおもちゃもまぁー、食べ物も何もいらないわという犬、非常にとっかかりなくてやりにくいですよね、非常に難しいですよね。」
水「でも、今日はね、どうしてもこういうかわいいワンちゃんを見てみたかったですよ、こんなに行儀がいいとは思ってみなかったですから」
佐「いえいえ、外に行けば---」
水「いや、言うことをちゃんと聞いて---」
佐「いやいや、うちではステテコおじさんみたいですよ(笑)」
水「はっはっはっ---、あなた、昔からやさしい、だって、いっしょにね、思い出すけどパリに行った時も、どうしてもかわいいワンちゃんが欲しくて、すぐ帰れるのに遠回りして帰ったの今でも覚えてますよ。」
佐「ほんと、そんなことしました、ご迷惑おかけして---」
水「とんでもない、とんでもない。本当に動物を可愛がってんだな、とその時思いました。」
佐「あの時もね、話、長くなりなすからやめときますけど、とにかく、そのペットショップ入ったんですよ、パリで。そしたらもう、あなた何人、日本人といっただけで、もう、それこそ、時代劇だったら波の花(塩のこと)もっといでという感じで追い出されそうになったの、でも、ちょうど自分のところの犬といっしょに写っている写真とか持ってて、それを見せたら、ごめんなさい全部の日本人が動物虐待じゃないのねって言われて---。当時ですからね」
水「そうね、今だったら、そんなことは---、そういう時代だったですからね、40数年前ですよ」。
佐「そんなに、私、まだ、こないだ35になったばかりだと思っていたのに(笑)チータも同じ年だったね。」
水「大丈夫かな---、同い年だからね、同級生だもんね」
佐「同級生でも、私の方が,一級上なんです。」
水「でも、まぁ、だいたい同じじゃないですか。」
佐「そう、まぁね」
水「まぁ、紅白からいえば、もっとですけど、ありがとうからいえば40数年なんですよ。ありがとうで何からずーと覚えているんですよ、ご一緒した一番最初からいましたからね。覚えていること、その中で一番印象深いシーンって何かありますか?」
佐「うーん、私ですか、あのね、普通にできたことは覚えてないんですよ。すごいNG出した時とか。
水「そんなことなかったですよ」
佐「いやー、石坂さんとね、私がね、あれは何だったっけ、警察のありがとうの時に、チータの恋敵だったんですよ、石坂さんをめぐって---」
水「ええ」
佐「それでね、蛍籠を持ってね、石坂さんと浴衣着てね、石坂さんとデートじゃないですけど、何かお話するとこがあって。そしたら、ものすごい長い台詞で---」
水「ふんふん」
佐「ちょうど私、大阪から帰ってくる途中に台本もらって、へぇーとも、息を呑んだわ」
水「そう」
佐「それでもう、ひっちゃきで覚えて入ったんですよ。夜中一時とか二時とか。それでそうしたらねやっと覚えた台詞をね、蛍をつけたり消したりしなきゃならないわけ、そのつけたり消したりしているうちに全部いなくなっちゃうのよ」
水「わかる」
佐「9回かなんかNG出したわ、もう、石坂さんにすいませんって」
水「一緒の時って---、違うシーンだったからね、でも、お兄さんが児玉さんで、新(あたらし)さんが----」
佐「それは焼き鳥屋」
水「わかってますよ」
佐「魚屋さん」
水「わかってる三作目。二作目は看護婦さんの役で、あの、どこからか、お出になってきてね、直美ちゃんが来て、とっても偉い先生だという設定でしたよ。」
佐「新米の医者でしょ。」
水「新米でもなかったんだけど」
佐「いえ、新米なんですよ。」
水「私はその下で頑張ってる役でしたけど---」
佐「看護婦さん---」
水「まぁ---、そうでしたよ。あの時は楽しかったですね。」
佐「楽しかったね。だけどね、私あの時ね、宮川十七子というお医者さんでね、それでね、すごい大食いの役で、お昼の休憩、何も取れなかったの、午後から食べるシーンがあるというと。だって、カメリハ(カメラリハーサル)で食べるでしょ、ランスクルーで食べるでしょ、本番で食べるでしょ、それから誰かNG出したらもう一回食べるでしょ、お昼食べてたら、とてもじゃないけどダメだ。それで、はぁーと言ったら、スカートのボタンがボーンと飛ぶシーンとか。それにどこ行っても頼みもしないものが出てくるわけ、すいません、これ頼んでないんですけどといったの、いいから、いいから気にしないで、あんた大食いなんだからって言われて---」
水「そう言うイメージが」
佐「そう、だから、私、実は小食なんですと言って。信じられないといって、テレビでいっぱい食べてるからといって---(笑)」
水「そうですか、やっぱり、直美ちゃんと一緒にね---、あのー紅白もそうです、司会する時は応援団長です、常に一緒に、ありがとうでも一緒でした。あなたほど、私に近い人はいないと思っています。」
佐「ありがとうございます。さっきも向こうの人に言ってませんでした。(笑)」
水「言ってませんよ。何を言ってんですか。ありがとうの話が出ましたけど、何か一曲リクエストいただくんですよ---」
佐「そりゃ、ありがとうですよ」
水「そうですね」
佐「さわやかに、チャン,チャンですよ。
水「チャン、チャン。それじゃ、そのありがとうを聞いていただきます。

 二人でありがとうをデュエット。

水「今日はね、こういうように(犬を)連れてきていただいてうれしいです。これからも、仲良くしてください,佐良直美さんでした。」
佐「ぜひ、こちらこそよろしく。」

 握手をしてお別れ。


[PR]
by nogi203 | 2015-02-10 14:31 | ドラマ ありがとう
<< セクハラ判決下る。 フリージャーナリストは必要か。 >>