日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ワークシェアリングを考える

 ワークシェアリングと一口にいっても、様々な形のワークシェアリングがある。日本では、主に、多様就労型のワークシェアリングと緊急避難型のワークシェアリングが注目されている。
 多様就労型のワークシェアリングとは、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員を起用して、仕事のローテーションを組み立てている業種を対象とする。緊急避難型のワークシェアリングとは、市況によって減少した全社内の仕事量を全社員で分かち合って、互いに失業を回避するためのものである。
 このように、同じワークシェアリングといっても異なった目的のために行なうものがあるということは,ひとつの法律でひとくくりにすることはできないということである。とすれば、ワークシェアリングの実施は労使協議による協定に委ねざるをえないということになろう。
 しかし、その労使協議による協定というのは容易なことではまとまらない。多様就労型のワークシェアリングでは同一労働同一価値という大前提が確立されていなければならないが、そのためには正社員の処遇、待遇をパート社員並に引き下げるか、あるいは逆に、パート社員の処遇,待遇を正社員並に引き上げねばならない。その結果、正社員,パート社員の処遇、待遇が均等になったとしても、今度は正社員の方から忠誠度が違うのに処遇、待遇が異なるのは不公正であるという異議がでるかもしれない。
 緊急避難型のワークシェアリングについては、社内的に仕事量が確保されている部門が仕事量の減った部門に仕事を分かち与えるのであるから、仕事量の確保されている部門は仕事量の減少に伴い、給与も減額されることになる。となると、社内的に不和の芽が生まれる原因となるかもしれない。それでもなお、社内的な融和を保つためには、困った時はお互い様という譲り合いの精神が熟成されていなければならないが、果して、そのような譲り合いの精神が実現されるであろうか。
 というようなことから考えてみると,元々社内に対立的な労使関係を抱えているところは、とてもワークシェアリングを導入することはできないであろうし、融和的な労使関係であっても、ワークシェアリングに適した部門を切り離して、別会社として導入するなどの方法でしか成功は難しいのではなかろうか。
[PR]
by nogi203 | 2005-07-18 14:15 | その他
<< さあ 世界史を語ろう。 第13... さあ 世界史を語ろう。 第13... >>