日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


栩内容疑者と15万円の家賃。

 ASKA容疑者とともに逮捕された栩内香澄美容疑者は、逮捕当時、勤務していた会社から社宅を用意されていたということである。社宅は東京青山のマンションで家賃は推定15万円であるという。社員のために社宅を用意し、家賃を給与から控除すれば、家賃は給与として課税対象とはならない。ただし、控除する額が一定額以下ならば家賃相当額との差額は給与として課税されることになる、というのは税法上の規定である。
 一方、労働保険料を算定する場合、社宅の家賃が給与として算定の対象としてなるかならないかは、社宅を用意されていない従業員との比較が問題となる。その場合、社宅を用意されていない従業員に社宅を用意されている従業員と均衡するだけの住宅手当を支給していれば家賃は給与として算定の対象となるが、他の従業員には住宅手当の支給はなく、一部の従業員だけに特別に社宅を用意しているのであれば、その家賃に相当する部分は給与として労働保険料算定の対象とはならない。つまり、使用者の従業員に対する恩恵的、または個人的な思い入れによるものであり、労働の対価ではないものと判断されるのである。
 ということになると栩内容疑者に用意された社宅の推定15万円の家賃もそれに相当するのかという憶測が働くことになる。実際、関係者の話によると、栩内容疑者は社長のそばに寄り添っていて、秘書かと思われていたそうであり、グループ主催のパーティーでも接待役を務めていたというのであるから、その憶測もまんざら的外れでもないことになる。
 仮に、その15万円が使用者の個人的恩恵によるものではないというのであれば、給与とし他の従業員にも相当額の住宅手当を払っていなければならないことになり、そうなれば、従業員全員に対する給与総額も膨らむことになり、同時に労働保険料の算定基礎額も膨らむことになる。さらには、標準報酬月額の等級にも影響を与えることになり、社会保険料の支払いも膨らむことになる。つまり、労務コストが大きく膨らむことになり、事業主としてもっとも避けたいことであろう。となれば、家賃15万円はやはり、事業主の栩内容疑者への個人的な思い入れによる支出とみなしたほうがわかりやすい。
 しかし、その栩内容疑者がともに逮捕されたのがASKA容疑者であり、社長ではない、というのであるから従業員としても複雑な思いではないのか。
 

[PR]
by nogi203 | 2014-05-23 14:24 | その他
<< AKB襲撃事件は労災か。 危機感を煽れ! >>