日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


中小企業の賃上げはいつ、その2。

 中小企業の賃上げはいつになるかについては、このブログで一度書いた。(2013.3.21)。その際、取り上げたのは確定給付企業年金制度が及ぼす影響であったが、企業年金が中小企業の賃上げに影響を及ぼすのはそれだけではない。中小企業退職金共済制度(以下中退共)の及ぼす影響も大きいものがある。 
 運用環境の悪化と過去の高い予定利回りのため、長年赤字に苦しんできた中退共は、24年度円安と株高により、資産運用状況が大幅に改善し、24年事業年度決算で2279億円の総利益を計上した。その結果、23年度末にあった約1741億円の累積欠損金が解消し、逆に528億円の利益余剰金が発生した。このことの及ぼす影響を考えてみる。
 利益余剰金は付加退職金として退職金に上乗せして支給される可能性があるが、それは退職する従業員にとってのメリットである。むしろ、問題にしたいのは在職中の従業員に対するメリットである。
 中退共加入の中小企業事業主は想定される退職金額に応じて掛金を負担するが、掛金は運用されるのであるからその利回りを割り引いて掛金額を決めておかなくてはならない。利回りが高いほど、運用益は拡大するのであるから、その分掛金額は少なく済むことになる。事業主にとって利回りは高ければ高いほどよいのであるが、その利回りは、今、1%である。理由は、運用環境が悪い、それにつきる。
 しかし、24年事業年度が出した運用実績は6.89%であった。2279億円の利益余剰金はその結果というわけである。この運用環境の好転が継続するとすれば、中退共の予定利回りも引き上げられるのではないかという、中小企業事業主の期待も膨らむ。
 設定した利回りで、一定年数複利で運用した場合、最終的に元利合計はいくらになるか、ということを計算するのは年金終価係数である。この係数は逆算することによって、想定した元利合計で一定額を受け取るためには、何年間,何%で、いくら掛金を負担すればよいかを計算できる。ということで、その計算を行ってみる。
 想定した元利合計による一定額(退職金のことである)を1000万円として、30年間、年1%で運用した場合、年間の掛金は以下のようになる。
 1000万円×1/35.1327(年金終価係数)=28,463.5≒28,464円
 それが年2%になると
 1000万円×1/41.3794(年金終価係数)=24,166.6≒24,167円
つまり
 28,464円-24,167円=4,297円 負担が軽くなるということである。

 中退共の掛金は16段階、5,000円から30,000円まであるが、10,000万円以上は2,000円きざみであるから、該当する掛金は24,000円から28,000円となるので、4,000円の軽減となる。
 企業年金の掛金が軽減されるとどうなるか。事業主にはその分財政的な余裕が生まれる。生まれた余裕の一部を賃上げの原資に充当する。かくいう次第で中小企業退職金共済制度は中小企業の従業員の賃上げに少なからぬ影響を及ぼす、とまぁ考える。以上

 
 

[PR]
by nogi203 | 2014-02-04 15:13 | その他
<< 佐村河内守氏、その疑惑。 どっちもどっち。 >>