日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


労働関係法における女性の権利

 労働関係法上、女性独自の権利として強く認められているものとしては、まず、産前休業の請求権、生理休暇の請求権、そして、セクハラ調停への女性からの一方的申し出などがある。
 このうち、権利として最も強いのは、産前休業の請求権であろう。その請求に対し、事業主はいっさいの抵抗が出来ない。請求されたら無条件に認めるしかない。ただ、休業期間中の給与を無給にするぐらいのことしかできない。しかしそれも、雇用保険から育児休業基本給付金の支給があるし、健康保険からも出産手当金があるので金銭的な不安を与えることも出来ない。これらは、法律上当然の権利として受給できるのであるから、権利性としては最上位にあるといってもよかろう。
 次に権利として強いのは、セクハラ調停への女性からの一方的申し出ではなかろうか。この申し出については、均等法改正前は事業主、女性労働者双方の合意がなければ認められなかったのであるから、女性の権利として実効性が備わったといえよう。事業主としては、訴えに抵抗することが出来ない。そして、訴えられたら、殆ど負ける。ただ、訴えを介在しなければならないという点で、産前休業が法律上当然であることに比べて及ばないというべきか。
 そして、最後に生理休暇の請求であるが、これには賃金の保証もなく、ただ、申し出ると殆ど無条件で認められるというだけにすぎないから、権利性の内容としては前二者にくらべて弱いといわざるを得ない。
[PR]
by nogi203 | 2005-06-27 14:08 | 労働基準法の穴
<< さあ 世界史を語ろう。 第12... さあ 世界史を語ろう。 第12... >>