日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本プロ野球機構という組織。

 プロ野球公式戦で使用する統一球が昨年より反発力の大きい飛ぶボールに変わっていた、という。当初、加藤良三コミッショナーは変わっていないと公表していたにもかかわらずである。実際は、下限より低い反発係数を基準値に近づけるようボールの仕様変更を製造元に指示していたらしい。本来なら、開幕前に公表しておくべきであるのに、ホームラン数の増え方が顕著になった今になって初めて公表した。当初、公表しなかった理由は、「新旧の球が混在することによって混乱を招きかねないため」いうややこしい理由であった。
 加藤コミッショナーはボールを修正していた事実は昨日まで知らなかった、知っていたら、公表していた」と言っているが、それに対し、下田事務局長はコミッショナーに相談して進めていった」と言っている。これは、コミッショナーは知っていたということである。そのまま、話が進んでいけば、コミッショナーが嘘をついていたということになるのであるが、その後、下田事務局長は前言を翻して、「前回は混乱していた」と言い直す。加藤コミッショナーの関与を示唆するのはまずい、と思ったのか。その思った理由は何なのか。初めの発言から、次の発言までの間に何かあったのか。疑問が残る。
 日本プロ野球機構という組織がおかしなことをする組織であるということは、以前、このブログでも書いた。(2012.11.7 プロ野球選手会年金制度解散、付け加えておくこと) 
 積立不足とその回復が困難なことを理由にプロ野球選手会の年金制度が解散した事例である。解散し、積立金を分配するには加入員の同意がいるが、その同意が得られるかどうか心もとない状況にあった。そこに、東日本大震災が起こり、東北地方に甚大な被害が生じる。普通、そのような時に、プロ野球など興業的な催し物は開催を控えるものである。ところが、日本プロ野球機構は予定通りペナントレースを開幕するとは発表する。選手会側は反発し、世論も後押しする。結局、機構は、押し切られ、ペナントレースの開幕を延期することにする。選手側は、ほっとし、あとは開幕に向けて気持ちを切り替えるだけだと気分も新たにする。ところが、その直後、機構側は選手会に対し、年金制度の解散を提案するのである。まさに、選手が気持ちをペナントレースに向けて集中させようとしていたその矢先のことであった。問題は、果たして、そのような状況において、選手たちが真剣に年金制度のことを考えられるかどうかである。勘ぐれば、まさしく、そのような状況こそが機構側が願っていた状況ではないかということであり、東日本大震災の発生はそのまたとない機会を機構側に与えたのである。年金制度の解散について、選手会側の同意が得られるかどうか心もとなかった機構は、これで年金制度解散の提示に踏み切ることになった。
 巨人の安倍選手は「何で、今だったのか?」という疑問を表しているが、日本プロ野球機構にとって、「何で、今だったのか」という疑問が出るのは、今回が初めてではない。前回の「何で、今だったのか」の後には年金制度の解散問題が出たように、今回も後で何か出るのではないかという不安がよぎる。
[PR]
by nogi203 | 2013-06-13 14:39 | 年金話あれこれ
<< ローラの父親に逮捕状。 芸能人年金のこと。 >>