日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


芸能人は労働者か。

 前回、芸能人と労働者には法律上保護の違いがあると書いた。しかし、それも芸能人に労働者性が認められるのであれば、何ら問題なく労働者としての保護が受けられることになる。とすれば、芸能人に労働者性が認められるための要件は何か、ということが問題になる。
 一般に、労働者性を判断する基準は、使用者との間に従属性があるか否かである。では、芸能人の場合、使用者との従属性を判断する基準は何かということである。芸能人という職業の特殊性から、それは出演依頼対する諾否の自由、演技指導の程度、スタジオ、ロケ現場など勤務場所の拘束性、出演者への代替性の有無などが判断の基準とされている。(労働基準法研究会報告書)
 そこで考えてみたいのは、昨年バラエティー番組の収録中に重傷を負い、療養及びタレント活動の休業を余儀なくされたお笑いタレントのスギちゃんの場合である。あの場合、例えば、テレビ局の職員などが同じ番組収録中に事故にあったのであれば、間違いなく労災が適用される。しかしスギちゃんは芸能人であり、即、労災適用とはならない。改めて、スギちゃんの労働者性を判断しなければならないのである。
 判断の基準は諾否の自由、演技指導、拘束性、代替性などである。ここで、問題になるのは昨年のスギちゃんの活躍度合である。昨年、スギちゃんはお笑いタレントして大ブレークし、ワイルドだぜという言葉が流行語大賞を獲得するほどであった。そのブレーク以前ならば、出演依頼に対し出る出ないの選択肢はなかったであろう、つまり諾否の自由はなかったであろうし、演技指導にスギちゃん自身の裁量権もなかったであろう、代役を出したとしても所属事務所が局側から苦情を申し立てられることもなかったであろう。つまり、労働者性を判断する基準に照らしてみて、労働者に該当するという判断が可能であったとみなしうる。労働者とみなされれば、労働者として労災が適用され、療養補償給付、そして休業補償給付を請求することができる。それが、たまたま大ブレークした後のことであるがために、判断が微妙になった、ということである。もっとも、その後、事故に関し、労災適用云々の話は聞かないが、芸能人の番組収録中の事故はたびたび発生している。問題視する価値はあるのではないか。
 なお、労災における療養補償給付の請求時効は療養に要する費用を払った日の翌日から2年、休業補償給付は休業の日ごとにその翌日から2年である。
[PR]
by nogi203 | 2013-05-27 13:52 | 労働基準法の穴
<< 芸能人年金のこと。 寝坊して。 >>