日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


世界文化遺産登録へ。

 世界文化遺産登録といっても富士山の事ではない。百舌鳥古市古墳群のことである。堺市内、東西南北約4㎞の範囲に広がる仁徳陵をはじめとする古墳群を世界文化遺産に登録しようとする取り組みが行われているのである。富士山の登録がほぼ確実になったことを受けて、次は百舌鳥古市古墳群だ、という気運が高まることになろう。
 しかし、世界文化遺産登録には問題が伴う。特に、観光客の増加による周辺部の環境悪化問題である。この点、百舌鳥古市古墳群も富士山も変わりはないであろう。とくに、百舌鳥古市古墳群ではその問題は、すでに150年以上も前から指摘されている。
 幕末、日米修好通商条約の締結によって、徳川幕府は神奈川、長崎、新潟、函館、兵庫の港をそれぞれ開いた。問題となったのはとくに兵庫である。近畿地方には遣明貿易以来、堺港があるにもかかわらず、なぜ兵庫にしたのかである。修好通商好条約には在留外国人の遊歩規定というものが定められていたが、そうなると、堺近郊の仁徳陵をはじめとする歴代の天皇陵に外国人が足を踏み入れるのではないかという恐れがあった。その恐れは、決して根拠のない話ではない。というのも明治以前、天皇陵の管理が厳格になされていなかったころ、幕府、および堺奉行の役人は言うまでもなく、町の人たちも、古墳に登って、花見と称して酒宴を開いていたというし、近在の人々もわらび取りやしば集めのために頻繁に周濠を渡っていたという記録が残っているからである。(堺鏡、貞亨元年 1684)
 驚くべきは豊臣秀吉である。朝廷から関白を拝命しながら、仁徳陵に入り、居を構えて猟(かり)をしていたというのである。実際には、猟ではなく、盗掘していたのではないかという疑いもある。NHKの大河ドラマには秀吉がよくでてくるが、このような場面はまだ一度もない。来年は黒田官兵衛である。是非とも期待したいものである。
 そういうことがあったればこそ、あえて、堺を避け兵庫を開港したというのであるが、当時の恐れがよもや現実化することはあるまいとは思うが、世界文化遺産登録に際しては、その点においても重々管理をおろそかにしてはなるまい。

それよりもなによりも、観光の目玉としてみた場合、仁徳陵(大仙古墳)は果たして適切なのかである。目玉とするからには見えなくてはならないであろう。見えるとは、教科書等でみるあの前方後円墳の形である。あの形を見るためには上空から見るしかない。横から見れば、こんもりとした木々の集まりでしかない。そこでいろいろと案が出るのである。
 何年か前、堺市の市会議員選挙で仁徳陵の側に巨大な観覧車を立てることを公約にした候補者がいたが、それでは世界文化遺産として登録されない。(この候補者は落選した) 気球を上げる案もあったそうであるが、折からエジプトでの気球事故である。堺市役所ビルの最上階から見えるのも、横からの眺めにすぎない。映像で見るだけでは意味はない。だからといって、あきらめるべきではない。まさしくこの問題の解決こそが人々の英知が試されるべきものである。
[PR]
by nogi203 | 2013-05-07 16:10 | その他
<< 寝坊して。 元へ戻せ! >>