日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プロ野球選手会年金制度解散。付け加えておくこと。

 2011年4月11日に書いた「プロ野球選手会年金制度解散」について、毎日アクセスがある。この年金制度解散については、付け加えておかねばならないことがある。
 
 解散される年金制度は税制適格年金制度であったが、積立不足が約52億円であり、現有年金資産が約62億円というから、必要な額は約113億円ということになる。積立不足約52億円に対し、日本プロ野球機構は13億円を加えるというが、それだけでは必要な額に足りない。足りないまま解散されることになったわけであるが、解散そのものに加入員の同意はいらない。なぜなら、税制適格年金は事業主が生命保険会社や信託銀行と契約を結んで成立するものであり、掛金負担も原則事業主が負うものであるから、加入員の意思を確認する必要はないからである。ただ、適年による年金給付は事業主の加入員に対する約束であるから、その給付を減額する場合は、加入員の同意がいる。今回の場合、52億円の積立不足のままでは加入員の同意が得られにくいから、機構側が13億円を追加してなんとか懐柔しようとしたということであろう。選手側はもちろん不満であり、同意などできようはずもないのであるが、運用環境が悪くて予定利率が達成困難であるとか何とか、言い含められて渋々同意したというのが実情ではないか。
 ということを、2011年4月11日に書いたのであるが、付け加えておきたいことは、この同意を求めた時期のことである。
 昨年3月11日、東日本大震災が発生し、甚大な被害と死傷者が出た。そのような時、日本プロ野球機構は予定どおりペナントレースを開幕すると発表する。その発表に対し、新井貴浩選手会会長を代表とする選手会側はこのようなときに興業活動を行うとは何事か、被害を受けた人、家族を亡くした人のことを考えろ、と強く開幕の延期を迫った。その訴えは世論の後押しを受け、日本プロ野球機構側はペナントレースの開幕を延期することを承諾する。
 そして、日本プロ野球機構が選手会に年金制度解散を通告したのは、この選手会側の要求が通った直後である。それはまさに、当面の問題が解決され、さあ、これからペナントレースだと、選手が意気込みを新たにした矢先のことといってよかろう。そのような時、年金制度云々などという話をされて、どれだけの選手が真剣に話を聞こうとするであろうか。制度の理解も乏しく、野球のことで頭がいっぱいの選手たちにとって、話を聞いても上の空ではなかったか。そのような時期、機構側が年金制度解散などという話を持ち出したのは、まさにそういう選手側の反応を読み込んでいたからではないのか。つまり、予定通りのペナントレースを開幕するというのは選手側の反対を読み込んでわざと行ったことではないのか、という疑いを持ちたくなる。新井選手会長は熱血漢であったが、機構側にとって、これほど好都合な人物もいなかったのではないか、とも思える。
[PR]
by nogi203 | 2012-11-07 13:39 | 年金話あれこれ
<< バレンタインデーはいつ始まったのか。 さわやかの唄。 >>