日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


JR西日本福知山線の列車脱線事故 その3

 通勤途中の災害については、労働者災害保障保険の保険給付を請求できることは既に書いた。しかし、通勤途中であったということは会社へ行こうとしていたということであり、会社へ行こうとしていたということは会社に在籍していたということである。そして、会社に在籍していたということは、厚生年金保険の被保険者であったということでもある。
 通勤途中であろうが、通勤途中でなかろうが、厚生年金保険の被保険者に保険事故が生ずれば、被保険者あるいは被保険者の遺族に保険給付請求権が生まれる。厚生年金保険における保険事故とは老齢、障害、死亡である。今回の列車脱線事故に当て嵌めるならば、障害と死亡がその対象となる。
 障害の場合、障害等級1、2級で障害厚生年金、それに厚生年金保険の被保険者であるというのは国民年金保険の第2号被保険者でもあるから、国民年金保険から障害基礎年金が本人に対して支給される。3級の場合は、障害厚生年金だけで国民年金からの支給はない。1,2級でもなく、3級でもないという人には障害手当金が支給される。
 死亡の場合、遺族に対して遺族厚生年金が支給され、遺族の中に18歳に達する日以後、最初の3月31日までの間にある子がいれば妻に、子がいなければ子に、国民年金から遺族基礎年金が支給される。 
 とすると、どうなるか。通勤途中であった人はJR西日本への損害賠償請求権があり、労働者災害保障保険への保険給付の請求権もあり、それに加えて、厚生年金保険への保険給付の請求権ももつということになる。このうち、JR西日本への損害賠償請求権と労働者災害保障保険との支給調整については前々回において書いた。今回は労働者災害保障保険と厚生年金保険との支給調整である。
 支給調整は保険給付が年金になるか、一時金もしくは手当金になるかによって異なる。一時金もしくは手当金になった時は厚生年金保険による障害手当金が支給停止され、労働者災害保障保険の障害一時金が支給される。年金になった時は、労働者災害保障保険の支給額が減額され、厚生年金保険による支給が全額、認められる。
 ちなみに、労働者災害保障保険の減額率は以下のとおりである。
 厚年、国年で共に年金受給になると、労災の障害年金は73%、遺族年金なら80%、傷病年金なら73%に減額。
 厚年だけの年金受給になると、労災の障害年金は83%、遺族年金なら84%、傷病年金なら86%に減額。
 国年だけの年金受給になると、労災の障害も遺族も傷病も88%に減額。

 ということになるが、ここで考え直してみたいのは、前回で触れたテレビ大阪東京支社長さんや仏壇仏具製造問屋の社長さんのことである。この方々は労働者災害保障保険での救済は特別加入されていない限りありえなかったが、厚生年金保険ということでみてみれば、被保険者であったことにかわりはない。これは、株式会社、有限会社という法人を使用者にみたて、社長や取締役であってとしても、法人に使用されているものとして加入資格を認めているものである。しかし、そうであるとすれば、厚生年金保険の被保険者として死亡という保険事故にあったわけであるから、その遺族の方は保険給付を請求できるということになる。
[PR]
by nogi203 | 2005-05-13 15:12 | その他
<< JR西日本福知山線の列車脱線事... さあ 世界史を語ろう。 第89... >>