日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


TPPを考える。

 TPPで交渉の対象となるのは関税の撤廃だけではないという。21の分野における規制も交渉の対象になるという。そして、その中には医療と労働に関する分野も含まれているという。となると、日本の医療と労働に関する規制はどうなるのか、である。
 日本の医療で保険診療を行うとすれば、医療機関は都道府県知事の指定を受け、医師は保険医として登録しなければならない。その手順を踏めば、外国の医療機関や外国人の医師も保険診療ができるはずである。ただし、それは保険で認められた範囲内の医療技術や薬剤での診療に限られる。
 事業として日本に進出するというのであれば、そのような規制は撤廃し、保険で認められていない医療技術や薬剤を使えるようにしてほしい、そうでなければ、事業として日本に進出する意味がない、ということなのであろうか。
 確かに、保険で認められていない医療技術や薬剤であっても、それで病気やけがが治るというのであれば、患者は選んではいられないが、保険を使える医療技術や薬剤とそれほどの違いがあるわけではないのであれば、患者としてはそれに越したことはない。しかし、事が医療に関するとなると、医者と患者との間では情報力に差がありすぎる。それほど違いのない医療技術や薬剤でも、医者から強く勧められれば、それに従ってしまわざるを得なくなる。問題は、そうした場合、患者の保護はどうなるのか、ということである。例えば、金融商品の取引を行う場合、投資家の保護を図るために金融商品取引法という法律が制定されたが、同じような保護法が必要になるのではないか。
 一方の労働分野である。労働分野の規制といえば、在留資格と在留期間である。外国人が日本国内で就労する場合、一定の職業で一定の期間でしか就労できないというものである。この規制が撤廃されると、日本人の労働市場は重大な影響を受けることになる。そればかりか日本人以外の人たちにも重大な影響が及ぶことになる。外国人のうちでも、在留資格と在留期間の制限を受けることなく、日本国内での就労が可能な人達、即ち永住者と呼ばれる在日の韓国人、中国人のことである。なぜなら、それまで彼ら及び彼女たちの特権とされていたことが、特権でも何でもなくなってしまうからである。すべての外国人が在留資格と在留期間の制限なく日本での就労が可能になるのであるから、彼ら及び彼女たちにとっては競争相手が増えること以外何ものでもない。となると、事は一筋縄ではいかない。様々な分野から様々な意見が出てくることになる。いずれにしても、交渉に入るというのであれば、その意見に答える覚悟だけはしておかなくてはならないのではないか。
[PR]
by nogi203 | 2011-11-22 14:41 | その他
<< いい時代は終わった。 遺族厚生年金がなくなると---。 >>