日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小沢一郎、司法を批判。

 元秘書3人が有罪判決を受けた事件で、小沢一郎が司法を批判した。
 「証拠もないのに、裁判官が推測に基づいて有罪を決めるのは民主主義国家では考えられない」と。
 しかし、証拠もないのに裁判官が推測に基づいて有罪を決めるのは、以前からあったことで、今回が初めてでもなく、考えられないことでもない。
 例えば、労働者の労働時間を管理するのは使用者の責任であるが、管理していなかった場合、労働者が退職後、残業代の未払い分を請求する際、労働時間が管理されていないのであるから、タイムカード等の客観的証拠を提出することができない。そこで、労働者は在職中、自分がどのような勤務内容で、どのような働き方をしていたかを裁判官の前で述べることになる。それに対して、使用者が反証できないのでれあれば、裁判官は労働者が主張する外形に基づいて推認するしかない。そして、その推認に無理がなければ使用者に対して、未払い分の時間外手当としていくら支払えという判決を下すわけである。

 「具体的な就業時刻や従事した勤務内容が明らかでないことをもって、時間外労働の立証が全くなされないとして扱うのは相当ではない。」(ゴムノイナキ事件、大阪高裁、H.17.12.1)

 このように、推認に基づく判例がすでに存在しているのであるから、今回の元秘書に対する有罪判決も、驚くほどのことでもなく、また考えられないことでもない。小沢一郎が「びっくりした」というのであれば、それは単なる勉強不足で、おそらく労働判例も読んだことがないのであろう。
 小沢一郎が労働判例を読んことがないのではないか、ということについては、このブログでも H.21.12.16に1か月ルールという表題で書いたことがある。
 中国の習近平が天皇陛下との会見は1か月前に申請することというルールを破って会見を申し込んだことに対し、宮内庁長官が抗議した事件である。その時、小沢一郎はそのようなルールは法律で決まったことでもなんでもないといって、宮内庁長官の更迭をほのめかした。しかし、法律はなくとも、慣行として成立していれば、慣行は法的効力を持つということは、たびたび労働判例でも示されていることであり、小沢一郎が法律で決まったことでも何でもないなどというのは、労働判例を読んだことがないのではないか、と書いたのである。
 今回、3人の元秘書の有罪判決に対して、小沢一郎が示した反応を見るならば、その疑いは確信に変わった。即ち、小沢一郎は労働判例というものは読んだことはない、と。
[PR]
by nogi203 | 2011-10-03 15:17 | 労働基準法の穴
<< 蘇る特別支給の老齢厚生年金。 小規模企業共済。 >>