日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


働く場所が違う。

 宮城県でダンプカーの運転手として働く求人に応募した労働者が、実際には福島県の東京電力第1原子力発電所の敷地内で働かされていたという事件が発覚した。
 働いていたというのであるから、労働契約は締結していたことになる。とすると、法令違反は職業安定法では済まず、労働基準法にも違反していたことになる。
 労働基準法では労働契約締結の際、使用者は労働者に対して、就業の場所、従事する業務を明示しなければならないことになっている。(労働基準法第15条第1項)実際に働いてみたら、就業の場所が違っていたのであるから、この条項に違反していたことになる。その結果、「話が違う」とか「帰ってくれてもいい」などという紛争が発生することになった。
 就業の場所や業務内容に関するルールが明確にされていなかったために、労働契約を巡る紛争が起こるということはよくあることである。その原因は事業主、ことに中小事業主と労働者双方ともに、労働契約に関するルールをよく理解していないところにある、と厚生労働省は見る。そこで、厚生労働省は中小企業事業主と労働者に対して、望ましい労働契約のあり方というものを理解させ、周知させる事業を始めた。「中小企業労働契約支援事業」というものである。平成20年8月に始まった事業であるが、今回の事件を見る限り、この事業が果たして効果を上げているのかどうか疑念を抱かざるを得なくなってきた。
 事業の業務委託を受けているのは全国中小企業団体中央会と全国社会保険労務士連合会であるが、それぞれ約1億5千万円づつ、合計約3億円の予算がついている。社会保険労務士連合会が厚生労働省から業務委託を受けた事業に雇用保険コンサルタント事業があるが、この事業は平成22年度をもって廃止された。廃止されたのは事業仕訳の結果である。今回のような事件が起きると、中小企業労働契約支援事業も事業仕訳されるのではないか、という不安も出てくる。
[PR]
by nogi203 | 2011-05-10 14:34 | 労働基準法の穴
<< 作業員死亡。 使命感を問う。 >>