日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


介護保険の新予防給付

 介護保険のサービスというものは、本来、利用者が選択するものであろう。ところが、新しく始まる新予防給付というのはそうではないらしい。半強制的であるというのである。つまり、要支援、要介護1に属する人達の内、努力次第によっては介護度が回復するとみられる人達には、筋力トレーニング等のサービスを受けるように指導するというのである。すると、従来の施設介護や在宅介護は受けることができなくなるかもしれない。
 なぜ、このようなサービスを始めるのか。
 介護保険実施以来、わかってきたことは要支援、要介護1と認定された人達は、その後、介護を受けているにもかかわらず、要介護度は2、あるいは3へと悪化させている人達が多くいるということである。そのため、要支援、要介護1の人達に限って、それ以上介護度を悪化させないための対策が必要であるという認識が生まれた。
 というのが行政側の説明であるが、それは表向きの説明でしかない。
 介護度が悪化するというのは、介護に伴う保険給付の上限額も上がるということである。それはともすれば、保険財政の窮迫化を招く原因ともなるものであるから、介護度の上昇を押さえることは介護保険財政の健全性を保つために必要な対策である、というのが行政側の本音ではなかろうか。
 
 この新予防給付の従来の介護サービスと異なるところは、サービスのプラン作成がケアマネジャーに委ねられるのではなく、地域包括支援センターという新設の機関に委ねられることであろう。この新しい試みの意図は、ずばり、介護計画のプラン作成からなるべくケアマネジャーを切り離すことである。ケアマネジャーといっても、独立して開業している人もいるであろうが、大多数は介護支援事業者に雇用されている従業員であろう。そういう立場であると、どうしても、自らが属している介護支援業者の提供するサービスを利用者に薦めるたくなる。不要と思うなら、利用者もきっぱりと断ればよいが、強く薦められるとそうはいかなくなる。その結果、利用サービスが増えて、保険者の財政が苦しくなり、業者ばかりが潤うことになる。こうしたことの生ずることは、介護保険が始まったときから懸念されていたことであるが、まさに現実になっているといえよう。
 ということで、そうした問題を解決するために導入されたと解せるのが、新予防給付である。このサービスを利用するには、地域包括支援センターを介するのであるから、ケアマネジャーを介護計画作成プランから切り離すことができる。つまり、それは、介護支援業者の介入も切り離すことができるということである。行政側の保険財政健全化への意欲ともみられるが、利用者本位という介護保険本来の趣旨からすれば、やや、はずれた感がないでもない。
 いずれにしても、ケアマネジャー及び介護支援業者に対する行政の目は厳しくなっていることは間違いない。
[PR]
by nogi203 | 2005-04-26 13:54 | その他
<< さあ 世界史を語ろう。 第80... さあ 世界史を語ろう。 第79... >>