日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


イコール。

 「無気力の相撲」と「八百長」はある意味イコールだと思っている、これは2月2日、記者団の質問に対する放駒理事長の発言である。この発言の意味は大きい。なぜなら、財団法人日本相撲協会の寄附行為施行細則、懲罰規定には八百長の定義について特には何も書いていないからである。

 故意による無気力相撲懲罰規定 第6条
 「故意による無気力相撲をした力士に対する懲罰は、除名、引退勧告、出場停止、減棒、けん責と  する。」

 書いてあるのは無気力相撲についてであり、八百長相撲とは書いていない。それが放駒理事長の発言によって、無気力相撲イコール八百長相撲と解釈されることになったのであるから、この懲罰規定第6条が使えることになったということになる。もとより、これは協会の裁量に属することであるか、裁量に不満があれば、訴えればよいことになる。しかし、今回の場合、どうみても訴えても勝てるとは思えない。
 そして、退職金の支給に関しての影響もある。以下のような規定である。

 「寄附行為施行細則第94条及び故意による無気力相撲懲戒規定による除名処分を受けたものには  退職金は支給しない。」

 無気力相撲イコール八百長相撲と解釈されたのであるから、このも条文も使えることになる。

 そしてもうひとつ。寄附行為施行細則第94条による除名には特別決議がいるが、今回の場合、除名されるとしても 第94条による除名ではない。懲罰規定第6条による除名である。とすると、以下の条文も使うことになるかもしれない。

 第5条
 「理事会は委員会の提出した結論に基づき、寄付行為施行細則第94条によらず、理事会決議をも  って懲罰を決定するものとする。」

 調査委員会が設置されたのであるから、委員会から結論が出されれば、理事会は第94条の特別決議によることなく懲罰処分としての除名を行えることになる。そしてその結果、退職金の不支給を決定できることになるから、ことほど左様に、理事長の無気力相撲イコール八百長という発言の持つ意味は大きい。
 問題は、除名処分にまで踏み切れるかどうかであるが、事の重大性からみれば、当然踏み切るべきであろう。

 
 
 
[PR]
by nogi203 | 2011-02-04 14:20 | その他
<< 二重処分の禁止。 地上デジタル放送への移行。 >>