日々の出来事から、思ったこと、感じたことを綴らせてもらいます。
by nogi203
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
歴史分析
年金話あれこれ
ドラマ ありがとう
労働基準法の穴
その他
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
メモ帳
最新のトラックバック
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
同じ条件で
from Anything Story
レーシック口コミ
from レーシック口コミ
7月10日甲斐智枝美さん..
from 甲斐智枝美 思い出日記
シンパシーは神の導き
from 日吉圭の時事寸評
中村富十郎死去に見る女の..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
介護,福祉,厚生労働省,..
from YouTubeで見る介護情報
西暦1871年 - ドイ..
from ぱふぅ家のホームページ
有料老人ホームのスタッフ
from 有料老人ホーム情報ナビ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人間国宝 中村富十郎さん死去。

 人間国宝で歌舞伎役者の中村富十郎さんが亡くなった。享年81歳。遺族は妻47歳、長男11歳、長女7歳である。
 国民年金法における遺族基礎年金の受給権者は幼少の子を持つ妻または子である。幼少とは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあることをいう。とすれば、富十郎さんが国民年金の老齢基礎年金の受給者であったならば、妻または子は遺族基礎年金の受給権者になるということである。但し、子は妻が受給権を有するときは、その間、支給が停止されるから、受給するのは妻ということになる。問題は、富十郎さんが老齢基礎年金を受給していたか否かであるが、人間国宝になり、文化功労者にもなった方である。規定があるわけではないが、国民年金保険料を滞納していた方が、人間国宝や文化功労者になれるとも思えない。従って、国民年金法における老齢基礎年金は受給されていたものと推定する。
 とすればその支給額であるが、妻に支給される額が792,100円、子の加算額が1人につき227,900円であるから、2人で455,800円、合計1,247,900円である。
 高齢で亡くなった方の遺族に遺族基礎年金が支給されるというのは、それほど珍しいことではないかもしれない。しかし、遺族基礎年金は子が18歳の年度末に達すれば受給権が消滅するのであるから、その期間はせいぜい2,3年間の期間でしかないはずである。ところが、富十郎さんの遺族の場合、長女はまだ7歳であるから、この先まだ11年間も、妻が再婚しない限り、受給するのであるから、相当長いと言わざるを得ない。それもこれも、富十郎さんが74歳の時に、長女が生まれたことによるためであるが、このような例は、おそらく、遺族基礎年金制度が始まって以来のことではないか。
[PR]
by nogi203 | 2011-01-04 14:32 | 年金話あれこれ
<< 企業秘密の流出。 争う価値あり。 >>